2010年09月09日

サウジアラビアフード

今日は、サウジアラビアのラマダンディナーパーティでした。

この学校はサウジと韓国人口が高く、留学生のサウジ君たちがせっせと作ってくれました。



何日前にエチオピアに舌鼓をうったばかり。

今度はサウジかぁ、と楽しみに日没を待ちました。



言われた教室に行くと、大学の担当者、長年ホストファミリーをしているご夫婦、ご夫人。

学校のトップ、私、日本人男子、韓国人男子。

あれ?サウジは?

作りおえていないとのことで、しばし待ちました。

あんた達のお祝いだよ…。



待つこと15分。

先着隊サウジ到着。

料理を出し終えるなり、サウジもアメリカンも食べ始めました。



私の質問

後着隊のサウジ待たなくてよいのですか!?

お祈りはないのですか!?

来た人々に挨拶はいらないのですか!?



クラスメートサウジの答え

時間が過ぎているから待たない。

お祈りはない。

挨拶も後でするから今は食べよう。


とのことで、私もさっそくいただきました。


中東、うまー。サウジ万歳。

サウジはきっといいところです。

だって、おいしいですもん。



ハムス(豆のペースト)

牛、羊、鳥ケバブ

エルク(鹿?)の煮込み スパイシーソースをかけて

フラフェル?と言う何かの揚げ物

ピラウ(要するに長い米のピラフです)

チキンスコーン(何というかわかりません。形は違うけど、食べた感じはスコーン)

チーズスコーン(上記同じ)


この他に

サラダ

パン

飲み物

がありました。



飲み物も通常の水、コーラ、ジュースのほか、サウジコーヒーが振舞われました。

見た目、お茶です。

味も、今まで飲んだことのない味ですが、決してコーヒーではありませんでした。

でも、おいしかったです。


どれもおいしくて、特にチーズスコーンとスパイシーソースはおかわりしました。

フラフェル(英語表記はflafel)も中近東の代表おかず。

体験できて幸せでした。


語学学校の行事でタダ。こんなにおいしいものが。素敵です。

残念だったのは、留学生のサウジ以外(=イスラム以外)の参加者が、

私と日本人、韓国人の3人しかいなかったこと。

日本人は宿題が終わっていないと1時間もいないで帰ってしまったし、

韓国人もすでに語学学校は卒業して、今大学に行っている留学生だし。

純粋な参加者は私だけ。



みんなイスラムの行事がよくわからない。

車がないので、残れない(みんな友人に乗せてもらって帰るか、バス)

宿題でそれどころではない

など、諸事情でしたが、

「こんなにおいしい行事、君以外の留学生は逃したんだぜ」

と言う学校トップの言葉はその通りだと思いました。



ちなみに、エルクなるおそらく鹿は、学校トップが自ら2頭しとめてきたそうです。

ワイルドォー。と言うか、すごい気合入ってたんですね。笑。


断食なんか一食たりともしていないメイシーですが、

ラマダンパーティは日本にいるときから好きです。



ありがとう、サウジ。

今年もいいラマダンが過ごせました。

※近日、画像も載せますね。
posted by スンプー at 15:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。