2010年09月19日

1ヶ月記念日

昨日、こちらに来て一ヶ月経ちました。

日本を出たのも、ラスべガスに到着したのも8月17日です。

昨日は、1ヶ月記念であると同時に、1ターム終了日でもありましたー!

*この学校は1ターム=1ヶ月



わーい。終わったー。

とは言え、怖い日なのです。

成績が出る日であり、私が次のレベルに進学できるか否かの通告日でもあります。

しかも前日の総合テストは、教科書から出る試験ではなかったため、壊滅状態。

とりあえずマークシートに印だけはつけたような試験でした。



朝、個別に担当先生に呼ばれ通告があります。

「メイシー、合格です」

おぉう。ほっとしました。



107レベル(上級−下)でこの1ヶ月、私が107レベルだと思えたことは一度もなし。

先生の言っていることはわからないし(みんなは一回で理解している)、

活動の指示も私だけ間違える。

いつも「It means…(〜ってこういうことですか)」と確認しないと何もできませんでした。

ほっとしました。



その後、月間賞発表が行われます。

レベル関係なくすべての留学生の中で、先生方が各賞対象者を選んで表彰します。

総勢6つの表彰がありますが、私、3つ取りました!

やったー!



これだけ書くとすごいみたいですが、実はたいしたことありません。



内訳は「皆勤賞」「会話優秀賞」「最もやる気のあった学生賞」ですから…。



受賞者=最優秀成績者ではありません。

努力はしたつもり(足りないけど)なので、先生方は努力賞代わりにくれたと思います。

別に就職に使えるわけじゃなし、履歴書に書けるわけじゃなし。

とは言え、やはり努力を認めてもらえた証ですから、嬉しかったです。



たいしたことない表彰状だけどウホっと喜んでいる図。

コピー 〜 DSC03000.JPG


成績も、こちらはすべてスコア制です。

4.0〜0.5刻みで0まであります。
4.0(95-100)、3.5(90-94)、3.0(87-89)、2.5(83-86)、2.0(79-82)、
1.5(75-78)、1.0(70-74)、0.5(60-69)、0.0(0-59)



この語学学校では2.0以上取らないと次のレベルに進めません。

つまり80%以上取っていないと進学できないと言うことです。

これはまだ甘いほう。大学や大学院では3.0が進学基準になります。



私は今回3.5でした。

せっかく4.0があるのだから、ここにいる間、4.0取ってみたいと思います。

夢かなぁ…。



その後は、留学生・先生たちでランチを食べ解散となりました。

肉は4種類あるのに、野菜がピクルスしかない、何ともアメリカンなランチでした。



左が学校の責任者ケリー、右が教務主任のグロリア。

コピー 〜 DSC03002.JPG


107レベルの担当教師たち。

コピー 〜 DSC02998.JPG


今週末は、宿題もないつかの間のご褒美週末です。

いくつかやらないといけない用事はありますが、

家でごろごろしたり、のんびりします。
posted by スンプー at 11:48| Comment(4) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。