2010年10月31日

ハロウィン初体験

日本ではあまりお目にかからないハロウィン。

が、こちらは本場。みんな何かいそいそしています。



先日、いつものようにジェフにエッセイチェックをしてもらっていると、

ジェフがかぼちゃを買いに行こうと言い出しました。

こちらでは、この時期だけかぼちゃ市場が発生します。

市場の様子がこちらです。
コピー 〜 DSC03236.JPG



簡単なアトラクションもあり、子供が遊んでいました。

写真右手に見えるのは、相当高くあがるトランポリンです。

子供がバンバン飛んでいました。



取り扱い商品:かぼちゃ
コピー 〜 2010-10-24 17_13_34.jpg



ジェフに先日結婚1周年記念のプレゼントをあげたら

今回、かぼちゃを買ってあげるよと言うことで、

この日はかぼちゃマスク作りとなりました。

日ごろお世話になっているお礼にプレゼントをあげたのですが、

お礼をお礼で返されてしまいました。

でも「お礼をお礼で返されちゃったら、申し訳ないわ」

と言う英語力がないため、甘えました。



パンプキンさんの作り方。


まずかぼちゃの上部分をとります。

で、中をくりぬきます(結構かんたん。でもヌメヌメと滑る。この感覚も変)。



正真正銘初体験の私を心配してか、最初はジェフがやってくれました。

でも、ジェフは普段料理をしないため、包丁捌きがちょっとこわい。

職人張りに集中しているジェフ
コピー 〜 DSC03242.JPG



「やってみる?」のお声を機にメイシーも作業開始です。

職人張りに集中するメイシー
コピー 〜 2010-10-24 18_44_15.jpg



あ、でもちょっと失敗しました。

パンプキンさんに罪はないのに、恨みがつのります。

ついに私の逆恨みは頂点に達し、こんなことに。
コピー 〜 2010-10-24 18_46_40.jpg



あ、将来私が何かとても悪いことをして捕まることがあっても、

この画像を証拠にしたり、メディアに流したりしないでください。

「あぁ、やると思っていました」とか、言わないでください。



でも慣れると結構楽しい。結構できました。

できあがって喜びひとしお。
コピー 〜 2010-10-24 18_53_47.jpg



キャンドルを入れたらこんな感じ。
コピー 〜 2010-10-24 18_56_34.jpg



「1−2日ほうって乾燥させればできあがりだからね」

と言われ、家に持ち帰って1−2日待ちました。



2日後。

伯母が「ぎゃー」と声をあげたのでパンプキンさんのところに行ってみると…。



かびている…。

すごい勢いでかびている…。



メイシー「このパンプキンさん、かわいいね」
伯母さん「あら、ハロウィンのかぼちゃはこわくないとだめなのよ」

なんて会話を2日前にしたはずなのですが、

ええ、パンプキンさん、こわいですよ。

今、色んな意味で…。



「パンプキンさんがかびてる!この場合どう救えばいいの?」

あわててジェフにメールを出すと一言。

「Get rid of it(捨てなさい)」

解決方法はそれかい!



ハロウィン文化で育っていても、

特にかぼちゃかび対策はなかったらしく、

飾られることなく、ごみ袋に放り込まれました。



本当は昨日学校に飾って(新入生歓迎会だった)、

明日のハロウィン当日に家の玄関に飾る予定でした。泣。


さよなら、パンプキンさん。

posted by スンプー at 01:50| Comment(4) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

韓国男子HB

女子ズに常に遊ばれている韓国男子HB。

「ちょっとぉー」的なリアクションはするものの、

離れていくわけではないので、遊ばれるのは嫌いじゃなさそうです。



以前書いた通り、シャイで無口だった彼も、今では常連に。

カフェの前を通れば、若い韓国女子ズに

「コーヒーおごってよぉー」とせがまれ断りきれないHB。

「車の免許一発で取ったらご飯ね!」と韓国女子に言われ、

勝負したものの賭けに負け、おごっているHB。



そんなHBですが、多分私に一番遊ばれています。



先日金曜日はみんなでランチに行こうと言う話になりました。

普段HBはランチを取らないので「行くかなぁ」とみんな心配していたのですが、

「メイシーが言えば来る」とのみんなの予想通り、

私が「ランチに行くよ」と言ったらコクっとうなづいてついてきました。



別な日は、図書館で自分の席(この日はHBだけ離れていた)

に戻ろうとしたHBを「Come here(おいで)」と呼ぶと

私にいたずらされることも知らず、すんなり横に戻ってきました。

冷たい私の手をHBの首筋に押し当てたら、身悶えて席に戻っていきました。

そのためだけに戻ってこさせてごめん。笑。



台湾女子と韓国女子が一言

「どうしてHBはメイシーの言うことだとすんなり聞くのかしら」

「好きなのよね?」と本人を目の前に聞いたら怒られました。



そんなHBですが、来月にはロスへの引越しが決まっています。

くだらないいたずらとか、くだらないじゃれあいとか、くださらないことで笑うとか、

そう言う学生生活らしさをくれた彼なのに、寂しいなぁ。
posted by スンプー at 12:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

お墓は

HeとSheを間違える。

Heの話のすぐ後にtheyが入るとThey doesn’t と言ってしまう。

などのミスはほぼ毎日犯しているのでまぁよいです。

恥ずかしいですけど、クスリと笑いも出ますし。

昨日、久々に本当に恥ずかしい思いをしました。



ジェフのお家でジェフと嫁レベッカの結婚1周年写真を見ていた時のこと。

ジェフ夫婦は遠方のおばあさまを訪ねてきたそうです。

そこにはジェフのおじいさま、お父様の眠るお墓もあります。

こちらは一人=1墓

なので、お参りをしてきた時の写真を見て聞きました。

「お墓」と言う単語にちょっと迷いながらも

「これはお父様のお墓ですか?」と聞くと、ジェフがちょっと困った顔をしています。

あれ?と思いながらも

「あ、じゃぁこれはおじいさまのお墓ですね?」と聞くと

「This is my father’s grave(これは父のお墓です)」

と言ってくれました。



Grave? あぁそう言えばそんな単語だったなぁ。

あれ?じゃぁ私が今「墓」だと思って言った単語は何だ?

5秒ぐらい考えてみた後、顔から火の出る事実を思い出してしまいました。



私が言いたかった単語 = tomb

私が実際に言った単語 = womb



Tomb = 墓 (graveのほうが一般的)

Womb = 子宮



私はお墓の写真を目の前にこんな風に聞いていたことになります。



「これはお父様の子宮ですか?」

「あれ、あ、じゃぁこれはおじいさまの子宮ですね?」



まず子宮じゃありませんし…。

しかもどちらの方にしても持っていませんし…。



私の英語のできなさに理解のある(すごーくある)ジェフですから、

別に不愉快な顔はしていませんでした。

が、墓を目の前に「誰の子宮ですか?」と聞かれても、

さすがに笑えるはずもなく…。

次の写真で話題が変わったので一安心しました。

あぁ延々お墓の写真じゃなくてよかった…。



昔、私(前職、日本語教師)の学生(留学生)が

墓のことを「バカです」と堂々と言っていたことを思い出しました。

*訂正済



一字違いで大違い。

今回久々に身に染みています。
posted by スンプー at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

車の免許を取る

こちらに来て、ただいま車の免許を取ろうとしております。

日本で言う免許センターは、こちらではDMVと言います。
(Department of Motror Vehicles)



国際免許に切り替えてきたものの、有効期限に関して情報が錯綜。

ある人は30日、ある人は3ヶ月、ある人は1年と、ばらばらです。

先日DMVに行って、直接確認してきたところ、

国際免許は6ヶ月間有効とのことでした。



日本にいる時「1年有効です」と言われていたのですが、

国によったり州によったりで、有効期間は変わるそうです。

ネバダは6ヶ月。

担当者も最初は「3ヶ月」と言っていたのですが、

上司らしき人に確認を取ってきた後「6ヶ月」と言いなおしていました。



半年有効だとは言え、私の当面滞在予定は8−9ヶ月。

もしかしたら延長の可能性もある。

結局こちらでの免許を取得しなければだめ、と言う結果になりました。



こちらは、筆記試験と実技試験です。

大人であれば、特に教習所に行く必要はありません。



早速、先に免許を取ったクラスメートから冊子を借り、

集中して1回目を通します(と言っても薄いので2−3時間で読める)。

そのまま当日DMVに行きました。

筆記試験の場合は予約不要。

フラリと行って、用紙を記入して、部屋に入って試験開始です。



用紙の記入はうっかりしていました。

身長・体重を記入しなければならないのですが、

単位が「身長=フィート・インチ」「体重=ポンド」

あぁ、わからない…。

前に並んでいた女性の身長と体重をそのまま記入しました。

似たようなサイズだったし、きっと誰もチェックしません。



筆記試験では、紙の辞書の使用は認められています。

そして時間も無制限。

コンピューターでの質疑応答で選択問題を50問解きます。

40問正解すれば合格です。

しかし10問間違えた時点で終了してしまいます。



ちなみに料金は初回$25、2回目以降$10です。

クラスメートはみな2−3回で取っているとの情報を先にもらっていたので、

さよなら$25、とつぶやきながら試験を開始しました。



はい、やはり辞書で引いてもわからない質問文。

質問がわかったところで今度は答えがわからない。

一問一問おそるおそるです。



が、ちょこちょこ正解もするので、問題は進みます。

気がつけば40問突破。後2問はずすと終わりです。



最初からさよなら$25のつもりで来ましたが、

意外と40問進んだので、欲が出てきました。

取りたい…。



45問目で不正解…。後1問外せば終わる…。

でもここまで来たら取りたい。

残りの5問の長いこと、苦しいこと。

クリック一つに悶絶しました。



結果、9問不正解で突破しました!

わーい、一発で筆記試験合格です。

後1問で不合格でしたが、とにかく通りましたから!



留学生にとっては筆記が難関。

翌日「合格した」とクラスメートに伝えたら賞賛されました。

先生とジェフ(=アメリカ人)にも伝えたら賞賛されました。

ジェフも2回目で通ったとのこと。

イェーイ。

11月の終わりに実技試験を行い、合格すればこちらでの免許取得です。
posted by スンプー at 15:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

先週の日曜日は日本語デー

日曜日は新入生の日本人とランチしてきました。

50歳を超える地方の社長さんなのですが、

仕事で自分の英語のできなさを痛感し、それから3週間で留学を決めて来たそうです。

メールや電話で仕事はしながら、3ヶ月間の留学生活。

レベルは初級なのですが、チャレンジ精神のある人の話で、

ありがたい刺激を受けることができました。



ケアセンターのボランティア登録や、日本語クラブのアシスタント、

カンバセーションパートナー登録など、できる限りでは動いてきたつもりですが、

どれも毎日顔を合わせるものではありません。



クラスメートとこうして出かけられるようになったのは、とても嬉しいです。

これからも、「それは嫌!」と言うもの以外は、とりあえず顔を出していこうと思います。



そうそう。

ケアセンターのボランティアですが、相手をしてくださるお年寄りが決まりました。

台湾から移住してきた女性、Kさんです。

初めてお会いした時、日本語で話しかけられたので

「あぁ戦時の名残」と思っていたら、台湾と日本のハーフの方でした。

お年寄り、と言うにはちょっとためらう、まだ60代の女性です。

これから月に1−2度程度、時間のある時はKさんを訪ねようと思います。



カンバセーションパートナー登録も、パートナーが決まり、

週に1度、構内で会って1時間程度お話をしています。

20歳になったばかりのLちゃんです。

彼女自身はフィリピンから4年前に移住してきたとのことですが、

ネイティブも間違うほどのとてもきれいな英語を話します。

恋の話などに花を咲かせ、20歳に戻った気分です。笑。

Lちゃんとも仲良くなれるといいな、と思っています。

posted by スンプー at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

Red Rock Park

土曜日は、図書館メンバーでピクニックです。

当初、私一人が通っていた図書館ですが、今では図書館仲間は6人に増えました。

行った場所はRed Rock Park(レッドロックパーク)

ラスベガス郊外にあり、車で30分も走れば着きます。

http://www.redrockcanyonlv.org/



5人集まったので、私の車1台で行きました。

一本道なのに、迷いました。



Red Rock Overlook と書いてある場所で一休み。

「公園に入ると車一台につき何ドルか取られるよ」と言う情報がありましたが、

結局、どこがレッドロック公園なのか正確な場所がわからず、

景色がいいからここでいいか、と落ち着きました。

落ち着いた場所から見える風景1
コピー 〜 DSC03173.JPG



落ち着いた場所から見える風景2
コピー 〜 DSC03179.JPG



かわいいお客さんも
コピー 〜 DSC03177.JPG



後は、ひたすら食べて話して、散歩するだけ。

この日のメニュー。
コピー 〜 DSC03190.JPG



写真は最初の食事(私3品、韓国女子3品)だけですが、

台湾女子は飲みきれないほどの飲み物とお菓子を、韓国男子はフルーツを持参。



本来ここがパークではないので、ここに長時間滞在しているのは私たち位なもの。

ハーレーのバイク集団、サイクリング集団、スポーツカーの集団などなど。

色々な人々が来ては去っていきました。

乗せてもらった1台
コピー 〜 DSC03193.JPG



お腹も一段落し、私はミニヨガをしてきました。

深呼吸するだけでもいい気が入っているような気持ちになりました。

煩悩だらけで瞑想中
コピー 〜 DSC03207.JPG

腹ごなし
コピー 〜 DSC03208.JPG



唯一の男子参加者、韓国出身H君。

無口で不思議なナイスキャラです。

当初は誰もが一匹狼のクールガイだと思っていましたが、

そんな彼も本性を出し始め。笑顔も見せ始め。時折私をいじめ始め。

未だに言葉数は少ないながらも、常メンバーになりました。



言葉数の少ない男子1人と、基本的に言葉数の多い生き物である女子4人。

コピー 〜 DSC03186.JPG



どう考えても、いじられるのはH君です。

この日も、散々いじられていました。

言葉数が少ないながらも、常メンバーになっているので、

多分、いじられるのは嫌いじゃないんだと思います。

*あ、ベトナムメンバーで言えば監督みたいなものか。



ピクニックの後、H君からメールが1通。一言。

「I was your toy today!」(今日僕は君のおもちゃだった!)

今頃気がつきましたか。

正確には「君の」ではなく「みんなの」です。そして「was」ではなく「am」です。



結局本当のレッドロックパークにはたどり着きませんでしたが、

一日山を見て空を見て、日が暮れるまでおしゃべりをする。

贅沢な一日を過ごすことができました。
posted by スンプー at 07:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

先週金曜日は、結果発表とバスケット

学期最後の金曜日は、結果発表とランチパーティのみです。

結果はすでにお伝えした通り、パスしました。

今日から新学期を迎えています。



学校から一度帰宅し、夕方はバスケットボールをしました。

NBAを見たメンバーの一人、

中国出身X君がみんなに声をかけました。



バスケットなぞ高校生の時以来ですが、

NBAの余韻も残っているし、何だか楽しそうなので行くことに。

アメリカですから経験、経験。



学校に行く時はいつもスカート・サンダルなので、

「パンツとシューズを履いて来るんだよ。いいね?」

と19歳のX君に心配されました。

とは言え、まだホットヨガ以外のウェアがこちらにありません。



ホットヨガのウェア=ビキニで裸足



間違ってもバスケではありません。

タンクトップにジーンズで行きました。

が、皆さん格好が本格的。

しまった。ジーンズでも足りなかった…。



最終的に9人集まったので、2チームに分かれて試合をすることに。

練習では、散々の運動音痴ぶりを見せ付けましたが、

チーム選別では、サウジ出身S君が私を拾ってくれました。

ありがとう。



私にボールが回ってくると、私を邪魔する人は誰もいません。

私がシュートを決めるまで皆さん暖かく見守ってくれました。



運動音痴を見守る各国の人々。

この暖かさが世界平和につながるのではないか。

そんなことを思いつつ、シュートを決めていると、

そのうち、しっかり邪魔されるようになりました。

「メイシーを甘やかしすぎた!」とのこと。

やっぱり世界平和はむずかしいです。
posted by スンプー at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

先週木曜日はボーリング

先週水曜NBAの翌日は最終試験。

この日時点では結果はまだ出ていませんでしたが、

とにかく終わった!

と言うことで、クラスメートとボーリングに行ってきました。

ボーリングなど日本にいても1年に1度するかしないか。

スコアは散々でしたが、11人で楽しみました。



その後、みんなでタウンスクエアに行きました。

屋外型のショッピングモールです。

http://www.townsquarelasvegas.com/



ただ、正確な場所を知っている人がいないのに、

「だいたいわかるから何とかなるんじゃないか」

と思ったのが間違いでした。



車2台で行きましたが、私も迷い、もう一台も迷い。

本来到着できる時間より30分遅れて私到着。

もう一台はナビがついているので待たせてしまった!

と思い電話をかけたら、まだ迷っていました。

結局、もう一台は1時間後に到着。

みんな合流した頃には20:30になっていました。



買い物するつもりでもないので、

みんなでご飯を食べ、デザートを食べ。

デザートはヨーグルトアイスクリーム専門店、

「ヨーグルトランド」で食べました。

http://www.townsquarelasvegas.com/shopping-dining-a-entertainment/shops.html?sobi2Task=sobi2Details&catid=8&sobi2Id=116


色々な味のヨーグルトソフトクリームが並び、

お客は自由にカップに入れていきます。
DSC03155.JPG


トッピングも自由です。
コピー 〜 DSC03156.JPG


そして、目方で料金を最後に払います。



私はタロ芋ヨーグルトアイスを食べました。

台湾女子とシェアしたら、多彩なトッピングになりました。

さすが台湾。

タロ芋味を選んだこと、トッピングが多彩だったことで、

あれ、ヨーグルトだったのに…

と思うほど、ヨーグルトが消えていましたが、おいしくいただきました。



外の椅子に座ってあーだこーだと試験の結果を振り返り、

22:30頃帰宅。

昼間は30度をまだ越えますが、

朝晩はとても気持ちのいい日が続いています。
posted by スンプー at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

先週水曜日のNBA

無事、試験をパスいたしました。ほっと一安心の週末を迎えています。



金曜日はドキドキの結果発表でした。結果は3.0で通過。

一番いい成績は4.0で95%−100%、3.0は87%−89%です。

くぅー、90%超えしたい。



先月もそうですが、最終試験で私のスコアがぐっと下がります。

準備可の試験結果は良いのですが、応用がきかないことを今月も証明しました。はぁ…。



その後は学校のランチパーティです。

毎月抽選をするのですが、今月はスタバ$10?$15カードをいただきました。

わーい。



というわけで、ここ何日かの私の動きをご報告します。

水曜日はNBAを見て来ました。

ロサンゼルスレーカーズVSサクラメントキングス



バスケットはルールも知らないし、試合も見たことがありませんでした。

が、ここはアメリカ。しかもNBA。

何だかわからなくても行く価値はあります。

しかもチケット$15

何だかわからなくても、レイカーズの名前とコービー位は知っています。

行こう行こう!と翌日試験にもかかわらず、結局13人の勇気ある者?が集まりました。



会場はコチラ。ネバダ大学ラスベガス校
ここはレイカーズサイドらしく、相手チームを応援する人は誰もいませんでした。
コピー 〜 DSC03075.JPG



こんな車も発見。ちなみに24=KOBE(コービー)です。
コピー 〜 DSC03073.JPG



あ、コービーは前半・後半、共に10分だけ出場しました。
コピー 〜 DSC03094.JPG


試合もそうですが、休憩時間が楽しい!

コートの中央上に大スクリーンがあります。

誰かが映し出された瞬間大歓声だったので「誰?」と聞いたらマイクタイソンでした。
コピー 〜 DSC03096.JPG


別な休憩時間はノイズチェックが映し出されます。
これが出るとみんな騒いで数値を上げます。
盛り上がったところで、試合が開始されると言った具合です。
コピー 〜 DSC03100.JPG


私が好きだったのはコチラ。
コピー 〜 DSC03098.JPG


ハート型になった画面にカップルが映し出されると、彼らはキスをしなくてはいけません。

老若男女、映し出されたカップル。

自然にキスをする夫婦あり、恥ずかしがって下を向くカップルあり。

キスをしなかったカップルは意地悪をされて、忘れた頃に再度映し出されます。

みんな写されて驚くものの、見ているこちらが幸せな気持ちになりました。

「キスがしたい」とつぶやいたら、

台湾出身のEちゃん(少し日本語わかる)に聞かれてしまいました。



試合そのものは、とてもいい試合でした。

サクラメントキングスは格下だそうですが、互角一時勝っていました。

最終的には3スコア差でレイカーズの勝ち。

でも3点なんてバスケだったらすぐひっくり返る数字ですから、

すごいぞ、キングス。



今度は本拠地ロサンゼルスに見に行こう!と言う話で盛り上がりました。

ロスまで行くかはわかりませんが、また見に行こうと思います。
posted by スンプー at 14:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

テストの前日ですが

先週木曜日から今週の木曜日までテストがひっきりなしに続いています。



明日はプレゼンが2つあります。

そして明後日は進級のかかる一番大事な試験があります。

が、この試験、準備のしようがありません。

テキストで既習の文型や語彙が「一部」入っているものの、

内容は全く異なるため、テキストを勉強したから取れると言うテストではありません。

テキストをちょっと復習する位しかできないのです。



どうせ勉強しようがないなら…と言うわけで、

明日はUNLV(ネバダ大学ラスベガス校)に行って来ることにしました。

クラスメート20人位で、NBA見てきます。

ロサンゼルスレイカーズとサクラメントキングスの試合だそうです。



正直、バスケットなどルールも知らず、誰がスター選手なのかも皆目検討がつきません。

でも、ここはアメーリカー。

本場ですから、何だかわからなくても体験体験。

行って来ます。



ブログの更新がピタリととまったら、進級できなかったと思ってください。

バスケもテストもがんばります。
posted by スンプー at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

ルネサンスフェスティバル

この週末は、ジェフとルネサンスフェスティバルに行ってきました。

最近のジェフはすっかり私のエッセイ文法監督となっております。

ジェフがいなかったら、私提出できない…。



しかし、エッセイの文法チェックは学校の先生がするものだと思うのですが、

なぜこちらの先生方はやらないのでしょうか。

「直していると大変だから」が言い分になるのがこの国のすごいところですが、

日本語教師はみんなそれ、やってますから。



先生「ライティングセンター(WC)に行ってね」

WC「ここは文法チェックするところではないから、文法完璧にしてから来て」

留学生の行き場はないも同然。

私はありがたいジェフがいますが、他の留学生はどうしているんだろう…。



土曜日は、エッセイの編集が早く終わったのでルネサンスフェスティバルに行ってきました。

一年に一度、10月にルネサンスフェスティバルが行われるそうです。

サイト
http://www.lvrenfair.com/index.html


会場に入る前に危険物チェックをされました。

そりゃそうだよなぁと思っていたら、会場内には刃物を持った方々が!

出店でルネサンス風の武器ショップ。

ここで買って所持する分には問題ないそうな。

会場チェックする意味なくないか?



「ルネサンスのコスプレがいっぱいいるよ」とのことでしたが、

確かにいるいる。ルネサンスオタク!


本格的な方々と1枚。
2010-10-09 18_04_21.jpg


中に入るとこんな感じ

たくさんの出店がありました。
2010-10-09 18_34_36.jpg


遊ぶ子供たち
2010-10-09 18_09_42.jpg



こんな方も。
あの…ルネサンスフェスティバル…。

2010-10-09 18_28_32.jpg



その後、ローマのコロッセオに似せた舞台でグラディエーターを鑑賞。

あの…ルネサンスフェスティバル…。

しかも、グラディエーターよく肥えています。




グラディエーターが1試合終わるごとに踊るローマ女性たち。

ベリーダンスを…。

あの…ルネサンスフェスティバル…。

しかも、どう少なく見積もっても6ヶ月は過ぎているであろう妊婦がいる!




こちら、まだまだ寒くはない季節とは言え、

ローマ衣装(布1枚)で、ぽっこりお腹で、音楽に合わせ腰を動かし続ける妊婦は、

見ているこちらがヒヤヒヤしました。やるなぁ。



人だかりで見えませんでしたが、もちろんルネサンスフェスティバルらしく、

中世の騎士の一騎打ちショーなども行われておりました。




1年に一度、この時期に開催されるそうです。

ラスベガスにこの時期来る方は、足を伸ばしてみてもいいかもしれません。

「サンセットパーク(Sunset Park)」と言う会場で、空港滑走路の目の前ですから。

posted by スンプー at 15:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

BBQの後は

実は、先週の土曜日はBBQだけではありませんでした。

夜は伯母の勤めるホテルのショーへ行って来ました。



普段は人気のショーでも、空席が目立つ週末がたまにあるそうです。

そんな時は、ホテル側は従業員に声をかけ、タダ券を配布。

空席埋め作戦に出るわけです。

働いているからって気軽に行ける値段でもありませんから、従業員にとってもチャンス。

ホテル側も空席が埋まる。

出演者もガックリせずに済む。と言うみんなニッコリのプランなのですね。

そんなわけで、伯母が2枚もらってきました。


先週土曜日行って来たのは「バリー・マニロウ ショー」(Barry Manilow Show)

もう立派なおじさま歌手ですが、有名な歌手です。

日本でも「コパカバーナ」のヒット曲で有名です。曲を聞けば知っている人も多いはず。

紹介はコチラ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%AD%E3%82%A6


コパカバーナはコチラ 2010年時点の彼
http://www.youtube.com/watch?v=KKqBR35d1GM&feature=related

コパカバーナ 若い時の彼
http://www.youtube.com/watch?v=oU8TAkl7Tbg&feature=related



水シャワーを浴び(この日の時点ではまだ水シャワー)さっそく会場へ。

10分ほど遅刻したので、1曲逃したと思いましたが、

私たちが席に着いて2−3分で始まりました。



プロに何ですが、歌上手です。

進行も、舞台もとても素敵でした。


何だか、みんな遠慮なく写真を撮っていたので(お咎めもない)私も撮りました。



バリー1曲目
コピー 〜 DSC03058.JPG



バリーノリノリ1
コピー 〜 DSC03060.JPG



バニーノリノリ2
コピー 〜 DSC03061.JPG



時にはシットリ
コピー 〜 DSC03062.JPG



やっぱり最後はコパカバーナでノリノリ
コピー 〜 DSC03063.JPG


ノリノリのバリーは時に郷ひろみにしか見えず。

何か動きが似ていました。

活躍した時期を考えると、郷ひろみが彼から勉強した可能性が高いですが、

郷ひろみにしかわからない謎です。


伯母と行ったこともあり、伯母にとっては勤め先なこともあり、

他の何もなくさっさと帰宅してしまいましたが、

こちらに来て、初めての夜のストリップ(=街中)でした。



記念すべき最初のショーは、バリーマニロウ。
ありがとう、バリー。
posted by スンプー at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

先週土曜日のBBQ

あっという間の水曜日です。

昨日から来週の木曜日までテストがぶっ通しで続くので、ブログ更新なんか…

と思ったのですが、やはり勉強だけしているのも飽きました。

更新します。

先週の、40度明けで行った執念のBBQです。



13:00−16:00までだったので、13:30ころ行きました。

こちらの?今回の?BBQはBBQと言うより、外でハンバーガー食べましょう集会。

主催がハンバーグとソーセージをジュージュー焼いて、

参加者がバンズか、ホットドッグのパンを選び(両方でもよい)作っていくと言うものでした。



で、写真取り忘れました。一緒に行ったメンバーがみんな空腹だったもので。

まぁ、ただのハンバーガーで、焼き鳥とチップスとクッキーがついただけです。

ドリンクはコーラ。

病み上がりでコーラはぁ…と思っていたら、レモネードがありました。よかった。



食べ終わった頃に集合がかかり、みんなで宝探しゲームです。

ヒントの紙を探して公園中を歩きます。

そんなことをしている間に、何か雲行き怪しくなってきました。

と思っているうちにワァーッ、ドシャァーっと降り出しました。

みんな思い思いに逃げますが、どうにもこうにも公園です…。



しかも降り方が半端じゃないので、どこに隠れてもびしょぬれ。

私たちは滑り台に逃げ込みました。上にテントが張ってあるから!

と思って逃げ込みましたが、よく見ると巨大な布が何枚かかかっているだけで、隙だらけ。

結局、主催者・参会者全員ずぶ濡れです。



ゲームも途中だと思っていたら、いつのまにかどっかのグループが宝を見つけていました。

あの雨の中、いつ見つけたのでしょうか。



次のゲームもあるよ!

と主催者に声をかけられましたが、留学生チーム、雨に打たれて一気にトーンダウン。

ゲームを断り去りました。


ずぶ濡れ中
コピー 〜 DSC03055.JPG




「アクティブじゃないのがいいねぇ」と学校近くのスタバでみんなで集いました。

完全インドアの韓国人(男)も一人スタバから参加。

HB君と言います。

HB君から「今スタバにいるけど来ないか?」とメールをもらったのは、ずぶ濡れ中の時間。

「今からスタバ行くよー」と電話したら、既に帰宅していました。


が、HB君、BBQは興味ないけど、スタバも帰宅してしまったけど、

みんなと集いたかったらしく、再度スタバに現れました。

と言うか、私たちが着いた時には、もう店の中で待っていました。

1日2回スタバに来た男HB君。ご苦労様。

1.5時間ほどみんなで話をし、帰宅しました。



やはりラスベガスだと思ったのは、ずぶ濡れになったにもかかわらず、

スタバから帰宅する頃はみんなカラリと乾いていたことです。



病み上がりでずぶ濡れになったメイシーは、一応と思って帰宅後すぐお風呂へ。

なぜか知りませんが、水シャワーを浴びる羽目になりました。

2日後、タンクの種火が消えていたことを発見。

それを発見するまで、病み上がりの体で丸2日、朝晩水シャワーを浴びていました。

ぶり返さなかったのが幸いです。

posted by スンプー at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

エッセイの後は

今日締切だったエッセイを提出しました。


今月のライティングの先生は、生徒に告げずに先週1週間夏休みに入ってしまい、

みんな(=私含む)を相当混乱させました。



「概要提出して、修正をかけたものを私が返すから、それをもとにエッセイを書きましょう」

と言っていたのが、概要が生徒の手元に戻らないまま1週間いなくなったのだから、

それは混乱します。概要はなく、締切だけは残る。

アメーリカー。



しかも、概要が戻ってきたのはいいけれど、

本来2週間前の金曜日に返すと言っていたものが先週の水曜日返却。

しかも、原稿のチェックは1度もされず、概要を返されて今日が最終の締切日。



本来、先週の金曜日締切だったのですが、さすがにちょっとカチンと来たので、

「みんなできないと思う。少なくとも私は無理。」と反抗しました。

だって、木・金とテスト4つ受けて、かつ同時進行で1.5日で最終エッセイを持っていく、

なんてデキナイ!



誰が文法や内容のチェックをしてくれるんでしょうか?

本来、ライティングの先生だと思うのですが…。

私はありがたいジェフがいますが、他の人はどうしているのでしょうか。


「概要が戻ってこないから、とても心配したわ」と先生に言ったら

「メイシーは心配性ねぇ。大丈夫、気楽にねー」とのこと。

概要返却が5日遅れ、その分の付けが回ってくるのは結局学生。

気楽になんかしてられませんよ。ムムー。



昨日、ジェフと3時間がかりで私のエッセイを直しました。

よかったよかった一段落。



やっとの思いで今朝提出したら、本日。

「次のエッセイの概要を書いて来い」と宿題が出ました。

…休まらないのぉ…。
posted by スンプー at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

40度の結果

今起きました。こちらは現在土曜日8:50



ふらふらしますけど、熱は36.7度。

ちょっと怪しいけど、平熱は平熱ですから、BBQ行けます。



昨日寝てた分、宿題やらなきゃ、エッセイ書かなきゃ。

でも、BBQも行ってきます。

イエイ。
posted by スンプー at 00:49| Comment(3) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

BBQ危うし

本日こちら金曜日のラスベガスです。



来ました…風邪が…。

最後の授業の残り30分ほどであっと言う間に寒くなり、体がガタガタ。

関節も痛いし、「あぁ…来ちゃった…」と言う感じです。

誰の目から見ても予想がつきますね。

はい、無理したんです。

勉強しすぎました、って身になった実感はないのですが。



後は、どこへ行っても寒い!

学校はどの教室もガンガン冷えていて、自分が冷凍食品になったような気分になります。

解凍(教室移動で外)→冷凍(教室)→解凍(教室移動で外)→冷凍(教室)

の繰り返しです。



伯母も暑がりなので、家の中もクーラーが効いています。

「寝る前はクーラー切ってほしい」とお願いしていますが、

伯母は茶の間でそのまま寝てしまうことも多いので、一日中クーラーが効いていることも多々。

セントラルクーラーなので部屋ごとの設定もできません。

かつ、私の部屋はベッドと勉強椅子が直撃なので、寝る前はカタカタ震えて寝ていました。

寝不足で毎日寒いんだから、風邪引きますよね。




本当は、授業が終わり次第図書館でエッセイ(小論文)仕上げて、

夕方からはジェフとレベッカに添削してもらうはずでした。

が、図書館案をやめて帰宅。

帰宅するころには「あぁ熱出たよなぁ」と言う実感もあり、キャンセルしました。

あぁ、私の論文を見てくれると言うのに、自ら断るこの心苦しさよ…。

だって月曜日締切だし。



しかし、こういう時に限って色んなチャンスがあるもので、

明日は大学の国際交流会主催のBBQなのです。

$5と言う破格で行けばなんか食べられると言うありがたい企画。

授業が終わったらクラスメート5人でチケットを買いに行くはずでした。

寒気のしたままなので迷いましたが、

「目標があれば治る!」

と気合を入れてチケットを買ってきました。



帰宅すると、伯母からこんなお誘いが。

「うちのホテルでやっているショーが、今週末お客さんの入りが悪いので

従業員の希望者に無料でチケット配るのよ。メイシー明日行く?」



えぇぇー!

ショーが何だかわからないけど、そりゃ行きますよ。

(伯母の勤務ホテルは超有名)

「目標があれば治る!」

と行く返事をしました。



夕方から一眠りして起きると20:00

あれ?何か悪化しています…。

ベッドから起きようとしても無理。そのまま転がりました。

熱をはかると40度。

おぉ。そりゃ立てないわ。



明日のBBQメンバーには「行けないかも…」と泣く泣くメールしました。

学校と家の往復で、やっとこの週末は遊べる!と思っていたのに…。



他のクラスメートが飲みに行ったりしている中、

伯母と住むメイシーは夜、突然お誘いを受けて出て行くなんて無理。

前もっていても心配させるだろうなと思い、未だ夜の外出はしていません。



じゃ昼間遊びたい!と思っても課題が多くて遊ぶどころではなかったり、

車屋行ったり修理屋行ったり、伯母の用事に付き合ったり。

結局こっちに来て以来、ジェフと週1でお茶を飲む以外、何の時間もありません。



だから、明日のBBQは絶対行きたい!

今週末も小論文はありますけど、BBQの2−3時間ぐらいは!

と思っていたのに、これです。さみしい。

それでも食欲はあったので、先ほどキッチン行っていっぱい食べてきました。

食べたからなのか、40度の発熱もさきほど一気に下がり37.5度。



よし。

今日はとにかく寝ます。

いい子にしますから(っていうか既にすごいいい子にしてる!)、

明日のBBQ行かせてくださーい。

ショーも行かせてくださーい。

日曜のヨガやめて、日曜日にエッセイ仕上げますからー。

遊びもないと、さすがに息詰まります。

治りますように。

posted by スンプー at 15:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

図書館で寄付

ラスベガスへ行く!

と言っておきながら、ほとんどラスベガスらしい情報を発信できずにおります。

すみません、毎日家と学校を往復しています。



ここは、本当にストリップ(大通りの名前=街中)以外は、だたっぴろい普通の街です。

あの喧騒はうそのように静かな街です。



今日もいつものように放課後図書館で勉強していると、

何か知らない男が近づいてきます。

学校の図書館は学生が結構いるので、空いていれば相席でバンバン人が座ります。

私が座っていた席は4人掛け。

他のクラスメートはすでに帰宅し、私だけが残っていました。




席は空いているんだから座ればいいのに。

いつまでも視界に入るように立たれるとちょっと迷惑…。

と思い顔を上げると、「Hi」と声をかけられました。

あれ?どっかで会ったかなぁ。いや知らないなぁ。



「私はロサンゼルスの教会の人間です」

「恵まれない子供たちに寄付のお願いをしています。」



アメリカは寄付の文化が当たり前のように根付いていますが、

こっちは図書館でも活動するんだ!すごー。



開けていたパソコンをちらりと見られ

「あ、日本の方ですね。私も日本人なんですよ!」と急に日本語になり身分証まで提示。

はぁ…。



こっちに住んでいるとは言え、全く寄付文化に慣れていないメイシー、

しかも知らない人から日本語で話しかけられたら怪しめ、と思っているメイシー。

全くの心の開かなぶりにちょっと困惑しているようでした。



「学校の公認団体なんですか?」

「そうです、学校だけでなく全米中で活動しています」

「学校の許可を得て図書館内で活動しているんですか?」

「はい、そうです」



へー、こっちの図書館はゲームしてようが、

お弁当食べてようが、携帯で話をしていようが何でもアリ。

寄付もありかぁ、すごいなぁ。



ずっと立っていられて勉強の邪魔もされて面倒なので

5セントだけ払ってさっさと去ってもらいました。



でも、やっぱりおかしいなぁ。

ちょうどお手洗いに行こうと思っていたところだったので、

彼が去って1−2分後に図書館の受付に聞いてみることに。



「アメリカの大学では、図書館内で寄付活動を認めているんですか?」

「えぇ?何ですかソレ?」

「今、教会の男性が図書館内で学生に声をかけて寄付を募ってますけど?」

「そんな活動許可、全く持って出していません。それ、不審者ですよ」



やっぱり…。

図書館の受付はセキュリティに連絡したみたいでした。



お手洗いから帰ってきたところで、ちょうど追い出された彼と遭遇。

「ちょっと!許可なんて取ってないじゃない。さっきの5セント返して」

図書館の真ん前で人も多くいたので、と詰め寄りました。



「あ…はい…」

とは言ってポーチの中をがさごそ始めたものの

「クオーター(=25セント)ばっかりで5セントがどこに行ったかわからないなぁ」

とのたまうので、

「5セントぐらいでグズグズするんじゃない!」

と叱りつけました。



ちょっと大きな声を出したので、周囲の人々も注目し、

追い出された上に注目を浴びた彼は、その後ササッと5セントを出しました。



たかだか5セント返せって詰め寄る私も私ですが、

5セントを出し惜しむ彼も彼。

クオーターしかないなら、クオーターくれてもいいんですよ?



学校の図書館だからといって油断ならん。

フンッ。



PS.でもこんな話すると、私ますます初々しくないと言われるんでしょうか?K子さん?
posted by スンプー at 11:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。