2010年11月01日

お化け屋敷!


ハロウィンの時期は、色々なところでお化け屋敷が出現します。

ジェフが抽選で、お化け屋敷無料チケットを入手しました!

Good Job Jeff!

で、さっそくこちらのお化け屋敷に行くことに。

こちらでは、お化け屋敷はハウンテッドハウスと言います。

今回行ったのは、コチラ
http://www.frightdome.com/index.html


サーカスサーカスと言うカジノホテルが経営するもので、

ラスベガスで一番大きなお化け屋敷です。

サーカスサーカス英語サイト
http://www.circuscircus.com/

サーカスサーカス日本語サイト
http://www.circuscircus.com/ja/



お化け屋敷と言っても、日本のお化けとこちらのお化けはだいぶ違う。

こちらのお化けさんたちは見た目勝負です。

血みどろ、骸骨、チェーンソーなどなど。

日本人の恐怖と言うと、心にジワジワ迫ってくる恐怖、

日常に起こりそうな恐怖なので、ちょっとこわい実感が沸きません。



本当はジェフ・ジェフ嫁レベッカ・私で行くはずだったのに、

レベッカ、直前に「怖い」とキャンセルしました。

結果、私が行くから嫁を残してジェフがわざわざ出て来ることに。

ごめんねレベッカ。



ジェフから5つの屋敷があると聞きびっくりしましたが、

ドームの中に入ると、5つどころではありませんでした。

恐怖のマジックショー、各種ゲーム、出店的ゲーム(室内なのに)。

ジェットコースター、バイキング、ウォータースライダー、ゴーカート。

あれ?ここ室内ですよね?



せっかくなので、お試ししました。

ジェットコースター、バイキング、ウォータースライダー(2回)。

あ、いけないけない、目的はお化け屋敷です。



1つ目はオリジナルの一般的な屋敷に入りました。

屋敷に入るまでも、時折ラインに

ふっとゾンビがいて脅かすので気が抜けません。

こちらは、屋敷内だけでなく、

フロアにもゾンビがところどころにいます。



チェーンソー持ってガオォーと脅かすものの、

「あの、もし…。お写真を」

と言うとコクっとうなづいてポーズを取ってくれます。

サービス精神旺盛なゾンビたち。



実際入ると、あーなつかしい、この感じ!

ドリフの「来るぞ、来るぞ、たらいキター!」に似て、

「来るぞ、来るぞ、ゾンビキター!」の感じです。

王道、お化け屋敷。


ゾンビは決してお客さまに触れません。

だから客も触らないように。絶対に走らないように。

これは入る前に徹底注意されます。


日本語がわかったのか、暗いながらも見た目でわかるのか、

一部のゾンビ達からは脅かし終わった後、

ペコリペコリとお辞儀をされました。

律儀なゾンビ。


「アメリカのお化け屋敷は初体験」と告げると、

一部のゾンビは喜んで話しかけてきました。

客と盛り上がるゾンビ。


別な屋敷はSAWに見立てた屋敷でしたが、

映画を見ていないのであまりピンと来ず。



次に入った屋敷は、お化け屋敷と言うより

チェーンソーでひたすら追いかけまわされると言うものでした。

刃は抜かれているので音だけだとは言っても、

ウンウンチェーンソー動かしますので別な意味でこわかったです。



私も脅かす側の気持ちになってみたい。

とチェンソーゾンビが出て行った後の箱にこっそり入ってみました。

ジェフが来たところで「ワッ」とするはずだったのですが、

ジェフより先にゾンビ達が戻ってきてしまいました。



ゾンビA「何してるんだ?」

メイシー「I…I…just want to」

ゾンビB「早く出なさい」

素で叱るゾンビたち。



この屋敷からはさっさと出されてしまいました。

すみませんでしたねぇ。



最後は別な映画にみたてた屋敷に入りましたが、

すでに屋敷をはしごして、あまり興奮もなく。

最初のオリジナル屋敷が一番おもしろかったなぁ。



最後にお手洗いに行ったら、

ゾンビたちも同じお手洗いを使用していました。

念入りに手を洗っていました。

えらいぞゾンビ。



アメリカ人の

ハロウィンはお化け屋敷!

と言う感覚は、日本で言う

夏は墓場で肝試し!

と同じですね。

これもアメリカ的ハロウィンの過ごし方の1つです。
posted by スンプー at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。