2011年01月17日

ミスアメリカ大会

昨日、ラスベガスで行われていたもの。

それはコチラ。ミスアメリカ・ファイナル。
http://www.missamerica.org/

今年は、ミス・ネブラスカの17歳、
Teresa Scanlan(テレサ・スカンラン)さんが受賞しました。



で、何でこれを書いているかといえば、行って来たんです!
生のミスアメリカ大会!

以前ELSにいたメキシコ人Rちゃん。
その彼女のだんな様のご招待により、
タダでミスアメリカ大会を見ることができました。

まともに買ったら一人150ドル(1.5万円)です。
オーノー。
アリガトウRちゃん、アリガトウRちゃん夫。


前日にお誘いを受け、何だかわからないままに翌日会場へ。
ミスアメリカが行われていたのはコチラ。

Planet Hollywood プラネッド・ハリウッド
http://www.planethollywoodresort.com/casinos/planet-hollywood/hotel-casino/property-home.shtml


「ボックスオフィスに封筒が用意されているから名前を告げれば入れるわ」
と言う「響きセレブ」的なメールをもらっていたので、
さっそくボックスオフィスへ。

と思ったら、そこからが長かった。
時間通りに着いてチケットを入手したものの、そこからが長蛇の列!

チケットを購入したい人の列だと思っていたので、
すぐに入れるだろうと余裕をみせていたら、
既に購入した人たちが会場に入る列でした。

列の最後に行くまでに徒歩10分。
どこまで行くんだ。


そして驚いたのは皆さんの服装!
「あなたが代表ですか?」的ドレスで正装です。ティアラもつけているし。
「あなた今日結婚式ですか?」くらいな人もゴロゴロ。

男性もタキシードがゴロゴロしています。
どっかの晩餐会か舞踏会のよう。

「普段着にちょっとだけおしゃれした」
くらいで行ったメイシーはとんでもなく後悔しました。

一張羅のドレス(それでもあの会場では貧相なくらい)着て行けばよかった…。


やっと会場に入れた頃にはすでに大歓声。
Rちゃんにも会えたのはいいのですが、最初の3−4分だけ見逃しました。
くぅー。


最初は各州のミス○○がシルバーのミニドレスを来て自己紹介。
自己紹介が終わった時点ですでにセミファイナリストの選抜。
この時点ですでに15人になります。


わがラスベガスのあるミスネバダは、残念ながらここで敗退。
私の通うCSNの学生なこともあり応援したのですが残念です。

ミスネバダ。
http://www.missamerica.org/competition-info/national-contestants.aspx?state=Nevada&year=2011&GO=GO%21


で、今度は水着審査。
全員黒のビキニで決まってます。
で、さらに人数が絞られます。12人。


で、次はドレス審査。
歩いて登場するだけですが、さらにここでも絞られ。10人。


次は特技審査。で、
名前を呼ばれなかったラスト2人が落ちます。
ここで、私の予想一人だったミスNYが敗退。
よかったんですけどねぇ。
http://www.missamerica.org/competition-info/national-contestants.aspx?state=New+York&year=2011&GO=GO%21


そして、今度は質疑応答です。
難しい質問を投げかけられた人が合格。

でも、その場ですぐに答えなくてはいけません。
その答え方や内容が最終審査になるのです。

みんなトレーニングするんだろうけど答えが完璧。
ナイスすぎます。



で、残った5人。
Miss Hawaii - Jalee Fuselier
http://www.missamerica.org/competition-info/national-contestants.aspx?state=Hawaii&year=2011&GO=GO%21

Miss Washington - Jacquie Brown
http://www.missamerica.org/competition-info/national-contestants.aspx?state=Washington&year=2011&GO=GO%21

Miss Nebraska - Teresa Scanlan
http://www.missamerica.org/competition-info/national-contestants.aspx?state=Nebraska&year=2011&GO=GO%21

Miss Oklahoma - Emoly West
http://www.missamerica.org/competition-info/national-contestants.aspx?state=Oklahoma&year=2011&GO=GO%21

Miss Arkansas - Alyse Eady
http://www.missamerica.org/competition-info/national-contestants.aspx?state=Arkansas&year=2011&GO=GO%21

勝利者は先に書いた通り、ミスネブラスカのテレサさんが受賞しました。
私の予想はミスハワイだったのですが、残念です。
ミスハワイ、本当にかわいかったー。


で、ここまではカメラが使えなかったのですが、
終了した直後、撮ってきました。

舞台の感じだけでもつかんでいただけるでしょうか。
コピー 〜 DSC03963.JPG

コピー 〜 DSC03968.JPG


そういえば、10月辺り?
はミスユニバースもラスベガスでやりましたし、やはりショーの街ですね。
posted by スンプー at 04:15| Comment(12) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

戻ってきた日常!

火曜日から、学校が始まりました。

先月はご褒美月間として、1ヶ月お休みをもらっていましたが、

あぁ…あっという間に日常の学校生活が戻ってきました。



先月のお休みも、10日間は確実に某人の来米により丸々つぶれ、


残りで論文を読んだり大学院への情報を集めようと思っても、

クリスマス&お正月により、図書館はクローズしてるわ、教授なんかもういないわ、

結局やりたかったことの20%もできていません。



で、始まってしまいました。学校…。

本当は時間のあるときに普段するのが難しいことをしたかったのですが、

学校生活と共に平行することになりそうです。

あーやだ。



でも、今年の目標の一つは「睡眠を確保する」なので、

できるだけ無理しないように、しっかり寝ようと思います。



私を知っている方々は、この目標がとても難しいことをご存知かと思いますゆえ…。
posted by スンプー at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

フロリダ州の警告

米フロリダ州魚類野生生物保護局(FWC)がお触れを出しました。



フロリダパンサー(ネコ科の肉食動物)に遭遇した場合のお触れ。


「走って逃げたりせず、背筋をまっすぐにして向き合い、
 
 目を合わせできるだけ自分を大きくみせること」


でも、このフロリダパンサー、体長2メートル、体重約70kgですよ…。



そしてこの一言。



「襲われたら反撃」



でも、こんな顔して襲ってくるのよ…。

o0662068510932244703.jpg



反撃方法は記載なし。

どーしろってぇー言うのぉー。


posted by スンプー at 14:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

ラスベガスの年越しAgain!

ジェフからいい写真入手しました。

私の写真ではいまいちわからなかったであろうラスベガスの年越し風景ですが、

このようになっておりました。

素敵でしょう?

imagejpeg_2.jpeg

posted by スンプー at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

ラスベガスでおせち

先日年越しの様子をお伝えしましたが、その続き。



9:30に朝帰りしたメイシーは、元日は家で伯母とゆっくりしました。

で、元旦のおせちの様子です。

コピー 〜 DSC03887.JPG


ラスベガスにいるわりには、結構しっかり日本のお正月しているでしょう?

ちなみに、えびの代わりは左下と右真ん中に見えるロブスターでございます。

伯母が「ロブスターにしましょ」って。



えびを食べる意味は

「長生きしましょう、腰の曲がるまで…」ですから、

「甲殻類でかつ曲がる」って意味ではロブスターでも間違いではありませんが、

伯母は多分ものすごーく長生きするだろうなって気になりました。

でかい。
posted by スンプー at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

ラスベガスで年越し!

明けましておめでとうございます。

今年もこの素晴らしくくだらないメイシーをご愛顧くださいませ。



30日は1月にラスベガスを去る方々の送別会。

先生も参加し私の帰宅は1時過ぎ。

(9ヶ月の妊婦教師は夜中12時に自分で運転して帰宅!)



そして迎えた大晦日は朝7:30起床。

8:00−13:30までひたすらおせちを作りました。

とは言っても、伯母が日本スーパーでほとんど買ってきていたので、

お雑煮となますくらい。

でも、延々切る作業で指しわしわ。



19:00からはELS(=学校)メンバーと学校で待ち合わせ。

総勢13人(途中合流者も入れて結局20人)は4台の車で繰り出しました。



ラスベガスの大晦日はストリップと呼ばれる街中区域が華!

ストリップの中でも中心道路となるラスベガス大通が閉鎖となり歩行者天国に。

そして、みんなでカウントダウンパーティとなるのです。



全米行ってみたいカウントダウン場3位でもあるラスベガスですから、

やはりラスベガスにいるからには行ってみたい。

伯母の門限も「今日は朝帰りだから!」とお許しをいただきました。



伯母もストリップのカジノで勤めていますから、事情はよくわかるというもの。

朝にならないと帰れないのもわかっているので、出していただきました。



先頭を走っていたチームサウジが急に変なところで駐車。

何かと思ったら前輪パンク! オーノー。

空きシートのあるフレンチガイの車に乗り込み再度出発。



すでに17:00以降街中は道路封鎖。

でも19:00に街中に向かって走る車は

みんなストリップのカウントダウン目当てですから、すごい渋滞。

これも見越して19:00出発でよかった…。



そして私にも異変が。

なーんにもない鉄橋の上の渋滞中に急にキュルキュルー。

うわーこんな時にこんなところで腹痛なんてやめてくれー。



私の車は、台湾男子(運転)同乗者で台湾女子。韓国男子、私。

二人の男子がいる前で、しかも

「お腹の調子が悪くって」なんて婉曲的な言い回しもできないので、

(だって diarrhea=下痢しか知らん!)

「Stomacache(胃が痛い)」と言ってひたすら波が落ち着くのを待ちました。

おかげさまでお手洗いに行くまでにはほぼ落ち着いていましたが、

うっかり大晦日のラスベガスの鉄橋の上で車から降り、

へっぴり腰でお手洗い難民になるところでした。ふーあぶない。



街中に駐車することはできないので、

(カジノの駐車場はすでに万社or宿泊者もしくは従業員のIDが求められるようです)

できるだけ近くの封鎖されていない場所を求めてみんなさまようのです。

こんな風にガッチリ封鎖。

コピー 〜 DSC03830.JPG





ラッキーなことに、お手洗い休憩を取った場所の近くに空き地発見。

ストリップまで徒歩20分程度。悪くない!

と言うわけで、そこから歩いて行きました。13人もいれば20分なんてすぐ。



ジェフからも伯母からも「とにかくすごいよ人ごみと酔っ払いには気をつけて!」

と忠告を受けていましたが、思ったよりがらんとしていました。



というのも、この日はむちゃくちゃ寒かったから!

ラスベガスでもマイナス3−4度まで冷え込み、ちょうど冷え込んだ時間に年越しで、

やめた人も多かったようです。



すいっと歩けはしましたが、それでもかなりの人ごみ。

ところどころにDJが思い思いの音楽を流していたり、

ホワイトバニーガールズがフリーでポールダンスを披露していたり。

さすがラスベガス。

*写真は人が多くて取れませんでした。

大通りの真ん中は警察が占領していて、警察車両やらお馬さんやら。

20m間隔で警官配置されていました。

お馬さんの警官。

コピー 〜 DSC03885.JPG



ラスベガス大通に到着したのは22:00

そこからDJや踊り子部隊を見て、時折飲んで、写真を撮る。

こんな感じ。

コピー 〜 DSC03857.JPG





あ、ここでメイシー飲まされました。

出発前にすでに「今日は運転しないんでしょ!」と言うことで

カクテルとウォッカ(ストレート)を飲まされ。

ここではウィスキーをストレートで飲まされました。

普段飲まないメイシーはあっという間に酔っ払いこんなことに。

ドランカーメイシー、運び出された瞬間。

コピー 〜 DSC03865.JPG


↑ビックリしましたか?

ご安心ください、うそです。笑。

*飲まされたのは事実ですけど、寒くて飲まなきゃいられない!



こんなことをしていたら、あっという間に30分前。

みんなでシーザースパレス前に移動。



ラスベガスの年越しでは、ラスベガス大通沿いにあるいくつかのホテルから、

いっせいに花火が上がります。

だから、ある程度どこにいても、どこかの花火は見えるわけです。

が、シーザースパレスは前もってここから上がると知っていたし、

中継のテレビカメラもあったので、ここから見ようと言うことになりました。

シーザースパレスど真ん中確保。



みんなで踊ったり騒いだりしていたら何だかドカーンと花火が上がり始めました。

はい、2011の始まりです!

あれ、カウントダウンしないんだ…。

こんな思いをよそに花火はバンバン上がります。

そして各人、各国の国の言葉で「明けましておめでとう」を言い合い、抱き合い。



シーザースパレス前。

フラッシュたかないとブレるので、画像暗いです。

コピー 〜 DSC03875.JPG


パリスのほうもこんな感じ。

コピー 〜 DSC03880.JPG


花火のあとは、どこからともなく「Happy new year」の叫び声やら歌やら。

知らない人同士でハイタッチしたり、踊りあったり。



私達も漏れずに円陣組んで叫んでまいりました。

サウジの何だかわからないアラビア語やら、フレンチの絶叫やら。

しょせん私達も酔っ払いの集団ですから最後は

「テーハミングッ(大韓民国)」(ニッポンチャチャチャの韓国版)を連呼。



ある程度騒ぎ終わった私達は寒さに負け、街中にいるのをあっという間に放棄。

留学生宅(普段15分で行ける道が3時間)で二次会開始。



次々に寒さと眠気に襲われる留学生を、暖めあうメンズ達。

愛のあふれる風景です。

コピー 〜 DSC03886.JPG

こんな調子で朝6時まで。



明けましておめでとうございます。

愛のあふれる2011年でありますように。
posted by スンプー at 09:45| Comment(3) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。