2011年02月21日

目処がつく

私は現在語学学校のマスターコースプログラムにいます。



107からスタートした学校生活ですが(この学校は101-112までに分けられている)、

110から112はマスターレベルに区分けされます。

修士課程進学希望の学生向けってことです。



で、フルタイムの学生で且つ112まで残ると決めている学生にだけ、

本当の修士課程学生同様、学校からリサーチペーパーの提出を要求されます。

これを聞かされた当初は「うげーえぇぇぇぇ」と思っていました(います)が、

本当に修士に行くなら絶対必要なスキル。

で、論文の書き方の授業は「ないorほぼない」日本人学生にとっては、

これはなかなか難しいのです。



何もかもが初体験…。

1.他の人の論文を読み、要約を作る。

2.アウトラインを作る。

3.アウトラインに沿って論文を書く。



書けばこれだけなのですが、論文は英語中心(少しだけ日本語の論文も使用しました)。

少なければ10枚程度ですが、多いと30枚くらいあります。

で、読んでも使えるのは数行ってこともあります。

最初は本当に泣きそうでしたが(実際泣いた)だいぶ慣れました。

あ、読めるようになったってことではなく、

読む覚悟が前よりできるようになったってだけですが。



煮詰まって、時折部屋で一人泣き出したり、怒り出したり、笑い出したり。

笑い出した時は「あ、私キテる。危ない危ない」と思ったものです。



今日、原稿が完成いたしました!



論文を書いたことのある人にとっては何てことのない学生生活の一作業ですが、

大学の卒業論文を「これで単位が出ないならいい!」と先生がOKしていないのに、

勝手に提出して終わらせたメイシーにとってはこれが初作業。


で、大学の時に体験した作業や書き方とはまた違う。

(多分日本の書き方とアメリカの書き方の違い)



何もかもにイライラし、ピリピリしていた3ヶ月でしたが、

来週は編集作業だけとなりました。

まだ完成ではありませんが、とてもホッとしています。


どうか無事終了しますように。
posted by スンプー at 17:57| Comment(7) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。