2011年05月05日

学校修了。

ブログを時折チェックしてくださっていた方々、申し訳ありません。
トラブルややあり、更新できませんでした。


先月末で語学学校を修了しました。
最終レベルは結局合格できずに終了しました。


3ヶ月目も不合格。
担任だったS先生が「どうしたのメイシー」と。
S先生は「今月のリスニング、45問中7問しか正解してない」と。


確かにリスニングは苦手ですが、正直、最終試験のリスニングはとても簡単です。
苦手とは言え7点を取るような試験ではありません。


S先生も不思議がり、私のテストをチェックしてくれることになりました。
午後に電話が来て衝撃の事実が。


「メイシーは実は34問正解していた。
 マークシートそのものが間違っていたからマシンが何度読んでも7点にしかならない。
 メイシーの答えはあっていてもシートそのものが間違っていたから」


私の記入ミスではありません。
用紙そのものがミスと言うことです。


そして、こう告げられました
「教務主任にはこのことを言うなと口止めされた」


その日のうちに教務主任のところに行きました。

「この3カ月間のシートと問題をチェックしたい」
答えはNO.

「この3ヶ月間のスコアを知りたい」
答えはNO.


S先生の名前は出せないので
「どう考えてもリスニングが納得できない」
とだけ伝えたところ、主任はシートのミスについては認めました。

が、
「7点から34点になったところで不合格は変わらないわ」とのこと。
続けて
「誰がミスをしたかはわからないけど、結局不合格なんだから問題じゃない」と。


S先生が電話で話していた時に私に聞きました。
「誰が最終試験の担当をしたの?」

私が最終レベルになってから、最終試験を配布・回収した人物は一人だけ。
教務主任。


「事実、今月の試験のポイントが大きく間違っていたのだから、
 この3ヶ月間のスコアを全部調べなおしてほしいと言う要求がなぜ通らないのか」
と詰め寄りましたが、教務主任は「できない」の一点張り。


今週トップディレクターのところに行きました。
S先生も全面協力を約束してくれ、「私の名前を出しても構わない」と言ってくれました。


トップディレクターも2か月前に変わったばかり。
前のディレクターと同じ穴のムジナかと疑っていたのですが、
全面協力を約束してくれました。


私がそれでも合格しているかどうかはわかりません。
他の月のスコアは間違っていないかもしれません。
が、調べなおしてもらうことで、私の精神衛生状態はよっぽど良くなります。


何とぞ真実がわかりますように。

posted by スンプー at 07:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。