2011年07月03日

再会を望みつつ再開

皆様ご無沙汰しています。

6月のメイシーはとにかくグータラしておりました。



伯母と住んでいる手前、毎日PCを抱え外出していましたが、

皆様に宣言した通り、今月図書館に行った日など数えるほどしかなく…。

収入0円・0ドルのメイシーがはじけて遊ぶような金銭の余裕もなく…。



人の家に転がり込んではグータラする。日が暮れると帰宅する。

と言う典型的なダメ留学生を3週間続けました。



が、こっちに来てからのベストフレンズ達はみな6月で帰国いたしました。

私のベストフレンド台湾女子は4月で帰国してしまっていたのですが、

残りのベストフレンド韓国男子もブラジル女子もサウジ男子も全員帰国しました。

一生続けばいいのに、と思うほど仲の良かった人々なので、とても寂しいです。




友人がゼロになったわけではありませんが、

適当に行って転がり込んでグータラできるほどの仲ではありません。

図書館に行っても「ここで皆で毎日勉強したんだよなぁ」と感傷に浸ってしまう日々。

誰かの足跡がしても、もう彼らではありません。



彼らがいた時はよくごちそうにもなっていたのですが、もういません…。

*韓国男子=男が多めに払うものだ教育で育っている
*サウジ男子=返済必要なしの奨学金をもらっている
*台湾女子=甘いものが好きなことを知っているので、何かとお菓子をくれる
*ブラジル女子=ブラジル料理が好きなことを知っているので、何かと作ってくれる
*もちろん私も事あるごとに日本の家庭料理をふるまいましたよー(言い訳)。



6月最後の10日間位は、とにかく一日寂しがる。

(で、この10日間ほとんど誰にも会う用事もなかったため)

と言う不毛の日々を過ごしましたが、そんなことばかりもしていられません。



一昨日、最後の一人の帰国を見送り、心機一転することにしました。

昨日は新学校のレベル分けテストに行きました。来週から始まります。



語学学校の最終レベルを修了したため、他の州の大学院ならば

TOEFLを受験しなくてもこの語学学校の修了で受け入れる学校があるのですが、

やはりUNLV(ラスベガス大学ネバダ校)が経済的には一番オトク。



が、そうするとUNLVは私が通っていた語学学校と提携していないため、

TOEFLの要求スコアを満たさないといけない。




学校によってスコアが申し込みの前提条件だったり、入学までの条件だったりするのですが、

どうもUNLVは申し込みの前提条件の様子。

と言うと、10月までにスコアを満たさなければ申し込みができない…。

イコール春からのスタートにならない。

いつまでも語学学校留学生の状態で延々こっちにいなければならなくなります。

で、年だけ取っていく。

あーそんなの嫌だぁー。



春から大学院をスタートするためには、

秋の申し込みまでに何としてもTOEFLを取らなくてはいけないのです!



皆いなくなったし寂しけどチャンス!

最後の一人も帰国後秋から自国の大学院進学のため、

最後の言葉は「勉強しようねお互いに」でした。



寂しくて何もできない、は言い訳にしないと皆と約束しました。

月も変わっていいチャンス。

ベストフレンズも消えていいチャンス。

来週から学校も始まっていいチャンス。



この4カ国にはいつか絶対行く!で、再会するぞ。

そう決めて、私の勉強ライフ再開です。

バイバイ、グータラ。バイバイ、みんな。

こんにちはTOEFL. がんばってやる。
posted by スンプー at 06:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。