2011年08月31日

驚かなくなった その1

1年こちらに住んで驚かなくなったことは以下の通り。
たくさんあるので、小分けにしました。
今日はまず5つ。



1.100℃超えの温度計

パっとみる温度計が「100度!」と驚いていましたが、見慣れました。




2.普通の民家に4-5台止まっているパトカー

普通の民家に突然相当なパトカーの数。

横を通り過ぎる度

「あの家は実は麻薬のアジトで銃撃戦が始まるのではないか」

などといちいち妄想していましたが、

(と言うくらい時々パトカーが止まっているので)見慣れました。




3.通路に座っている手錠をかけられた逮捕者

手錠をかけられおとなしくしているものの、

「突然襲ってきたらどうしよう」

と思っていたものですが、見慣れました。

大学構内でも時折誰か逮捕されてるし…。




4.救急車と交通事故

「また!?」と思っていましたが、

運転のマナーの悪さに慣れたのでこれも慣れました。

「今日は多いなぁ」

と思うと1時間おきに救急車、パトカー、事故現場に遭遇。




5.右車線の左ハンドル

最初の1ヶ月は感覚が違うし、

たまに反対車線に入りかけて死にかけたりしていましたが、

さすがに1年毎日運転してれば慣れました。

「日本の『左車線の右ハンドル』で運転できるのか?」と言う不安がよぎっています。

「外車じゃないと運転できないの」

金持ちでもないくせにこんなこと言う日本人にはなりたくない。
posted by スンプー at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。