2009年02月20日

つんでれ

今日、ある学生が学校を休んだ。

いつもは夕方、授業が終わればすぐに電話をするのだが、
色々しなくてはいけないことがあって、連絡していなかった。

「後5分で休んだ学生への電話だ」
と思っていたら、そのうちの一人から電話が来た。

学生「先生、今日は風邪で休みました。」
私 「大丈夫?」

などとひととおりの会話をした後、ポソっと彼がこう言った。

「先生、どうして先生から電話をくれないの」

普段教室ではニヒルでツンとしているのに、とてもかわいい!
普段舌打ちするのがクセなのに「寂しかった」と言うなんてかわいい!

こういうの、俗に言う「ツンデレ」のタイプなんでしょうか。
いやぁ、学生じゃなかったら…。

っつーか、正直学生でもグラリと来た。
笑。
posted by スンプー at 00:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい・・・

当方、「立ち入り検査」または「監査」、割合急に展開して、ここ数日、眠れず・・・

でも、無事、終わってみると、身も知らないはずの人の優しさや暖かさ・・・身につまされました。

そして今朝の大雪。またもや筋肉痛・・人の出来ることって、小さいな・・・って思いました。

誰かを「勇気付ける」ことができる存在、なりたいです。
Posted by 沖の at 2009年02月20日 23:28
休んだ学生や「来なそうだな」と思う学生には、
授業前や休み時間、または放課後を使って、
電話をするのですよ。

すると、寝坊だった学生は起こされ遅刻でも来るし、
具合悪い学生はそこで症状わかるし。

っつーか、それも本来目覚ましをかけるなり、
具合が悪ければ自分で連絡してくるのが常識なんですが。

彼らは大人の年齢ですが知らない国に初めて一人、
ということもあり、甘えたいんですね。きっと。

沖のさんは小さいけど幸せ感じた数日だったようで、
よかったですね。大事にしましょう!
Posted by メイシー at 2009年02月21日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114523277

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。