2009年03月12日

私が教えたこと

今日、私が教えたこと。

聴解問題で
「あなたは何かを盗まれたりしたことはありますか?」
と言う質問があった。

Aさんは?Bさんは?と質問していくとこんな答えが。


私「Aさん、何か盗まれた経験はありますか?」
Aさん「パンツ」

Aさんが女の子ならわかる。
しかしこのAさんは男の子!

日本で、パンツをベランダに干しておいたら盗まれたという。
女の下着泥棒…!?

B「どんなパンツでしたか?」
Bさんのこの質問を皮切りに大盛り上がり。

「こんな」「あのような」「そういう」
みんな、知っている限りの指示詞のオンパレードで
微妙に手で形作りながら話をしている。

それが逆にとても卑猥な感じ。

そっか。カタカナやってるんだから、
これ教えればいいんだ。


私「はい、じゃぁパンツの種類勉強します」

ホワイトボードに形を書いて、横に名称を記入。

「T」
私「はい、これアルファベットのなーに?」
皆「ティーです」
私「後ろがそう見えるからTバック」

聞くと同じような音で「ティバッグ」もあるから気をつけて、と補足済。

私「はい、女の人のパンツみたい、これは?」
皆「え?ん?」
私「女の人の水着の名前ですよー上下別ですよー」
A「ビキニッ」

私「はい、一番基本の形。これは?」
皆「…?」
私「ブリーフ」

私「ブリーフがもう少し伸びました。でもぴったりしています。これは?」
A「長いブリーフ」
B「先生、最近それは人気です」
私「そう、若い人の間で人気ですね。ボクサー」

最後
私「ショートパンツみたいですね。これは?」
A「先生、私はそれです」
私「これはトランクス」


こうしてホワイトボードには以下のような板書が。

絵:Tバック *ティーバッグと注意
絵:ビキニ
絵:ブリーフ
絵:ボクサー
絵:トランクス

普段は寝る・起こす合戦を繰り広げるAさんが
ずいぶん積極的に授業に参加。

前に出てきてボードに自分の盗まれたパンツについて力説。

このAさんがパンツを盗まれた男子学生なんだけど、
いやぁそれにしてもパンツの威力ってすごいな。


普段はまじめなお兄さんキャラのBさんが、
まじめにこんな質問を。

B「先生、女の人がはくパンツ種類も同じですか?」
お兄さんも、興味はあるのね。

私「同じです。基本的にビキニかTですね。最近ボクサーも出てきました。」
B「ほぉ(うなづきながら)そうですか」

そして何人かはメモまで取っている。

まぁ、本来学校で教える言葉ではないけど、
生活の中では使う率高いよ。覚えておきな〜。


あ、カタカナ教えたのはいいけど、
私これがメインじゃなかった。

他人のものを盗んだ高校生が心から後悔して
名前のない手紙(=反省文)と貯めたお金を被害者の家に届ける。

って言ういい話だった。

しまった。パンツで盛り上がりすぎていい話具合が半減。
しまった。
posted by スンプー at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中々、楽しいひとコマ、ありがとうございます。
男子パンツが盗まれる・・・
ウーンですね。
でも、きっかけはさておき、すごく湧いて、印象深い授業だったでしょうね。

ちなみに、以前、「ティーバック買って来たよ」と、発言しつつ入ってきた、「おば」に、ドヨドヨと、なった若者が居たことを思い出しました。

言葉の発音、難しいですね・・・
Posted by 沖の at 2009年03月12日 22:24
沖のさま

おばさま、「誰に?まさか私に買ってきたんじゃ」
とパニくったのではないでしょうか。笑。

「゛」が付く付かないで大違い。
一字違いで大違い。
ってことで、よく皆さん笑わせてくれますよ。
Posted by メイシー at 2009年03月13日 03:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115492569

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。