2009年03月24日

2008年度 スピーチコンテスト&卒業式 2

学生は打ち上げに出るのだが、先生達は絶対誘われる。

担当したクラスは3つ。私の体は一つ。
打ち上げはしご地獄へ突入です。

2:30から過去担当したAクラスの一次会に参加。

中華屋さんにて食事会。
「皆、本当にこんなに食べるのかい?」と言うほどの量が出てきて、
1件目ですでにおなかが一杯になった。

3:30「ごめんねー」とこのクラスを後にして、
今度は1年担当したメインクラスのBクラスへ。

3:00から参加するはずだったのだが、4:00に2クラス目参加。

皆は3:00から始めているんだと思いきや、
私や他の先生方をお茶だけ飲んで待ち続けていた。

「先生が来ないのに始めるなんて」と律儀に待ってくれていたのだ。
ごめんね、遅れて。
その30分後に別な先生も来たので、やっと宴開始。

私にとっては2軒目の中華開始。
待ち続けた皆の前で「別なクラスで食べてきた」なんてとても言えない。
普通に食べた。

そして19:00前。
半年持ったCクラスの打ち上げへ。

先生方はこのように、担当したクラスをかけもちして回るのだが、
私がCクラスに行った時、A先生は「助かった」と帰って行った。

「先生、遅い!」
「遅れた人は3杯ですよ」
「中国の習慣では乾杯は一気飲みですよ」

このクラスはノメノメ攻撃を受けるので大変だった。
どうしても飲めない私は「お茶全部飲むからそれで勘弁!」
とウーロン茶2リットルを飲み干し、
「その代わりたくさん食べるから!」と大食い。

「別クラスで2軒すでに中華食べてきた」なんて言おうものなら
「他のクラスのほうがかわいいのか!」なんて言われてしまうので、
3回目の中華を平らげた。

結局私は14:30から21:00まで中華を食べ続けていたことになる。
ウップ。おいしかったけどさ。


21:20
他の先生から電話が。
「先生、いつ帰ってきます?私バトンタッチしたいんですけど」
ヘルプコール。

21:30 再びAクラスのカラオケ屋へ。
その後再度担当クラスを回り、01:30解散。

私は2:00には帰宅できたが、
他のクラスでは朝6:00までと言うところもあったので、
別な先生はグラグラに酔っ払っていた。


卒業式の日は朝7:30頃〜夜中まで学生の仰せのままに先生達は動くので、
どのクラスの先生方も疲労困憊。

でも、この日が最後。
思い切り、楽しんできました。


担当したクラスの子は皆かわいい。
普段授業をまじめに受けていない子だって、大嫌いな学生なんていないし、
女子学生はもちろん泣いている男子学生もいたりしてかわいいものです。

クラスのかけもちパーティはむちゃくちゃ疲れるのだけれど、
需要があるってことは、学生との間に信頼感が生まれたということなわけで、
ありがたく疲労困憊いたします。


みんな、卒業おめでとう。
posted by スンプー at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
すごいですねぇ・
それぞれを大切にする姿、素晴らしい!!!
Posted by 沖の at 2009年03月25日 20:20
沖のさま
えぇ。ぐったりのピークを迎えましたよ。
でも、皆で楽しめるのは最後ですから
何とかしましたよ。

翌日?もちろん動けませんでした…。
Posted by メイシー at 2009年03月25日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。