2009年08月05日

総復習

初級から始まった担当クラスも、はや初級が終わろうとしている。

現在総復習の真っ最中。

ます形、基本体(だ、だったなど)、ている、意思形、可能形、ば形、
受身形、使役形、使役受身形、尊敬語、謙譲語などなど、てんこもり。

皆さんこんがらがってこんがらがって大変そうですが、
夏休み明けはもう中級学習者。

試験対策も入るんだから、がんばってついてきておくれよ。


昨日は敬語を教えている時にこんなことが。

私「『存じ上げる』は尊敬語だっけ?謙譲語だっけ?」
学「尊譲語です」

それじゃ上げるんだか下げるんだかわかんないよ・・・。


これ読んでる方は、まさかわかりますよね?
謙譲語ですよー。
posted by スンプー at 11:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何気なく使っている日本語ですが、「外国語」として習うと、大変ですね。
それを教えるのですから、スゴイ!!!
私だったら、「もう辞めた!」と、星一徹よろしく机をひっくり返して、走り去るでしょう・・・
Posted by 沖の at 2009年08月05日 23:51
フランス語やドイツ語で
人称の時の語尾の変化がありますよね。

意思形(する→しよう、がんばる→がんばろうなど)

可能形(見る→見られる、打つ→打てるなど)
などを覚えるのは、きっと私達で言う仏語独語の感覚です。

私個人はあれ、大嫌いです。
よく皆覚えるなぁ。笑。
Posted by メイシー at 2009年08月13日 20:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。