2009年09月29日

私が教師をやめる理由1


先月の日本語教師のための雑誌に、
日本語教師アンケートが掲載されていた。

私が教師を辞めよう、留学しようと思った原因もここで見つけた。

雑誌的には
「やりがいのある素晴らしい仕事だ!」
とまとめたかったようだが。


元々低収入であることは覚悟の上だったので、
それは大きな問題ではない。

問題は何年も前から待遇面が全く改善されていなかったこと。


アンケート特集の見出しの数々

・高学歴・低収入 
・社会的認知度は低い
・毎日徹夜でも報われない
・でもやりがいのある素晴らしい仕事

とあった。

本当? 
最後の一言だけで待遇の改善も全く見られず皆やれるの?
やりがいがあれば全ての他は何でもいいの?

日本語教師は定年がないので、一生できるのだけれど、
改善のない、やりがいだけが支えの仕事を一生続けるのかと思ったら、
正直、空しくなった。
posted by スンプー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。