2010年06月15日

日本のアメリカへ


友人が社長をしている留学代理店では、入学手続きをお世話になりました。
その会社はコチラ。
http://www.ispt.co.jp/


私が通うことになる語学学校は日本に代理店があります。
ネット上、仙台は他の代理店が載っていました。

しかし、資料がほしいとメールをした時は親切に対応してくれたものの、
費用などの問合せをしたら全く音沙汰がなくなりました。
多分高いんだろうな。

困っていた時にハッと友人社長のことを思い出し、
ある日訪ねてみたところ、「うちもそこの代理店だよ」とのこと。
しかもこの会社、入学手続きは無料。やった。



友人社長「ビザの手続きは有料になるけど、どうする?」

高い金額ではありませんでしたが、これも貴重な経験なので自力でやることに。

が、面倒くさ〜い。
難しいわけではないんです。でも、とにかく面倒。

買った参考書も変更前であまり参考にならない。



オンライン入力で書類を作成していくものの、すぐ有効時間が切れる。
切れると最初から打ち直し。
10回位、3日位はこれだけで無駄にしたと思います。

証明写真も「写真」を用意すればいいと思っていたら
画像も必要とのこと。しかも条件詳細すぎる!

写真屋さんに行ってデータで取ったらまー高いこと。
払うお金もやたらとあって、印刷しなくてはいけない書類もやたらとあって。



やっと終わったと思ったら、当日の流れに書いてある条件も厳しいこと。
一つでも間違えると・・・みたいなことがバンバン書いてあります。

でも、もう書類は作成完了してしまいましたし、
自力でやれることはしましたが、どこが間違えているかはわからないし。



「もしダメだったとしても、Aちゃんのせいにはしないから〜」
と、友人社長に書類確認してもらいました(お金払ってないくせに)。

でも、オンラインで打ち込んだ分は、
彼女は確認のしようがないので結局は私次第です。

「米大使館は世界のワーストプレイス1-2位を争える場所」
とアメリカ人の友人が言っていたし、覚悟して行かないといけないかも。

こわー。



と言うわけで、明日午後から土曜朝まで東京へ行ってまいります。
大丈夫でありますように。
posted by スンプー at 11:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フランス大使館も驚きの感じの悪い場所だった記憶。
どこもそんなものなのかな。
私の時代は書類はアナログだったから、かえってラクだったかも。
進化しすぎてると不便なこともあるよね。

うまくいきますようにー。

Posted by nanae at 2010年06月16日 00:59
そーなんだよねーーー!
こないだ、外国人と旅行を企てたんですけど、
グアム(アメリカ領)はパスポートのみならず
滞在ビザやら貯蓄高(通帳の)やら色々書類があって
面接があり、それでも何時ビザをくれるのか
わからない!って言われまして 断念しました。

ほんと、じっくりね。(そんな場合じゃないか)
Posted by DADDY at 2010年06月16日 12:28
nanaeさま

ありがとーう。
今、宿泊先のネットでコメント見ました。
土曜の早朝帰るから、教室では白目向いてるかも。
でも、しっかり作り(×)食べ(○)まーす。



DADDYさま

そうそう、日本人だとたかが海外なんですが、
外国人が外国に行くのは面倒なんですよね。

あぁ、じっくり書類を作ったつもりですが、
何卒一発ビザで行けますように。
ありがとう。
Posted by メイシー at 2010年06月17日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。