2010年08月27日

昼抜き

初日にアメリカでの生活や学校全体のオリエンテーションがありましたが、

今日は、学校の具体的なオリエンテーションがありました。



「木曜日はお昼を必ず持ってきてくださいね」

と言われていたので、オリエンテーションがありつつ、

皆でランチで親睦でも深めるのか…。なんて思っておりましたが、甘かった。



昼休みの時間をフルに使ってオリエンテーションでした。

買いに行く暇ないから持って来いって意味だったらしいです。



しかし、通常の休み時間は10分しかないし、

授業が終わると警備員がさっさとクラスを閉めに来ちゃうし。

正直に弁当を持ってきた新入生達も結局食べる時間はなく。



サウジの留学生などはちょうとラマダン中なので疲れただけかもしれませんが、

他のクラスメートは午後おなかをグーグー鳴らしてました。



かく言う私も帰宅してから弁当食べました。

おかげで?今日は夕飯いりません。

お風呂入ってさっさと宿題します。



そうそう、ミスターBest Buy覚えていますか?

クラスメートの韓国人が「パソコンが動かない」

と言っていたのを思い出し、連絡を取ってみたところ、

「僕の職場まで来なくても、君たちの通う大学まで行ってあげるよ」

とのこと。オー、やっぱりナイスガーイ。

その代わり「君、ちゃん、さん、呼び捨て」の関係の遠近を教えてくれ、だそうな。

それでパソコン直してもらえるなら、いくらでも教えるよ。

(だって本業だったんだから)



そうそう、ラスベガスはなぜか日本人がほとんどいません。

この学校にも知る限り5人だけです。

代わりと言っては何ですが、いやー韓国人の多いこと!

韓国スーパーもビッグスーパー1つ、中小スーパーならちょっと走るとすぐあります。

ラスベガスになぜそんなに多いかは、ちょっと謎です。



でも、学校で日本語をあまり使えないという意味では、ここに来てよかったと思います。

おかげで、学校では98%(挨拶くらいは日本人には日本語でする)フルに英語脳です。

posted by スンプー at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160718054

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。