2010年11月14日

学期末がキター

昨日は学期末でした。

無事、109レベル通過しました!喜。



以前もお伝えしましたが、この学校は101から112までのレベルに分かれています。

私は107レベルから入学しました。

この109レベルというのは一応節目になるレベル。

これを取得するとTOFEL試験を受けることなく大学に入れます。

よって、だいたいの学生はこのレベルが終了するとELSを出て行きます。

結構しっかり難しいので、落ちる子も普通にいます。今月も落ちた子いました。



ここに来た当初から、最終試験に弱い。

と言う、何ともわかりやすい弱点を持っているメイシーですが、

今月も同じ結果となりました。



今月のレベルは通常評価と最終試験のトータルで評価されるのではなく、

最終試験で最低点を獲得できなければどんなに通常点が良くても落ちる。

と言う、最終試験に弱いメイシーには何ともおそろしい評価方式でした。



ふたを開けてみると、最終試験、ボーダーラインで通過です。

通過はしていますが、何ともやるせない。

ドヨーンと落ちた肩を見て、今月の担任がせっせと励ましてくれました。



ただ、私の通常評価は良いにもかかわらず、

先生が悪い点数の学生の評価を上げるために用意した

追加の課題もすべてこなしていたため、

私の通常評価は114%と言う奇妙なものになっていまいした。



「今まで教えた学生で100%越えたのはメイシーが初めてよ」

とのこと。

他の先生なら悪い点をあげるためのボーナス試験ですから、

よい点の学生が受けても100%のままにするのでしょうが、

今月の先生は人がいいので、加算していたようです。笑。



でも、試験は終わり!

来月からの地獄は来月に心配しよう!

ってことで、さっそく遊んでいます。



まずはレーザータグ!

写真を取れればすごーく簡単にわかるのですが、カメラなどが持ち込めない

(持ち込んでもいいけど走ったりするのでなくす可能性大)ため、

説明のみでお許しください。



一言で言うと光線銃です。

弾の代わりに赤外線で攻撃します。

私たちは肩や腹部、背部にライトのついたジャケットを着用。

薄暗い迷路のような室内に入り、鬼ごっこ。

で、相手のライト部分めがけて銃を発射します。

撃たれると何秒かは死んだ状態になり、その後復活します。

それで、撃った回数・撃たれた回数でポイントを競います。



こちらに来てから知りました。

とりあえずやってみよう、がモットーですからもちろん行きました。



楽しい。

すごーく楽しい。

3回チケットを購入したのですが、最初は留学生仲間は皆一匹狼で打ち合いました。

2・3回目はチームを組んで他人が来るとやっつけると言う方式に。

見事、陣取った牙城を守りました。

ちょっと高いのが難点ですが(20分で8.5ドル)、また行きます。



昨日は韓国男子HB宅でだらだら。

最終試験が終わってふぅーと大きなため息をついていると、

「明日は今まで教えたハングルのテストだからな」

と言われ、必死に覚えました。



「テストの準備はできている!」と意気込んでHB宅に行ったら

「今日はそういうだろうと思ったから、後日抜き打ちだ」とのこと。

ずるい。

わざわざ遊びに行ったのにー。確かに試験だって言ったのにー。



そんなHBは今回最終試験に落ちたので、

来月同じレベルを再履修、クラスメートじゃなくなりました。

ハングル出す前に、お前が勉強しろー。



HB宅に行く前にジェフとレベッカ(ジェフ嫁)、私と伯母で寿司も食べてきました。

普段お世話になりっぱなしのジェフ夫婦に伯母はお礼をしたかったようです。

ジェフ、しっかり信頼勝ち取っています。

よしよし、これで夜はジェフに連れ出してもらおう。ウシシ。



今日は快晴の土曜日。

これから台湾女子のEちゃんとジムへ行き、

Aチーム(A=アジア 台湾2人、韓国3人、日本1人=私)合流して旧市街見学。

サラダバーで食事します。

うぉー!今日も遊ぶぞー!
posted by スンプー at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ラスベガス留学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。