2008年04月08日

教案カムバック

はぁぁぁぁーっ!

来た来たやってきた。
未知の教案を作る時の感じ。

初・教師になった時も眠れぬ日々が本気で続いたなぁ。
今年初担当の初級の教案でもやっぱり眠れねぇなぁ。
1日分の教案はただ今終了!

あぁこれがたった一日で消えてしまうのね。
しかもチェック入ったら修正だらけなんだろうなぁ。
シュン。

会社終わって、教案作って、彼と子どもらのご飯作って、
また自分の家に戻って教案。
さすがに子どもらの勉強チェックまではできなかったわ。

明日は子どもらも転入先の中学校デビューの日だから、
ま、いっか。
やったところで子どもなりに忙しいだろう。
制服にアイロンとかかけてたし。

明日は会社の後に学校へ。
チェックを受けて修正まで明日中にできるのかなぁ。
はぁー眠い。頑張って寝よ。
posted by スンプー at 02:51| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

鼻ブーブー

花粉症が今年もやってきた。
幼少から続いているものの、決して慣れたりしない。

特にこの10日位はひどい。
目って瞑ってても見えるように進化しないのかしら、
皮膚呼吸だけで人間生きていけないかしらと真剣に思う。

この時期だけは地球温暖化なんてそっちのけで
杉の木は全部燃えてくれればいいと思ってしまう。
不適切だと思うあなた。なればわかります。
思うだけなら罪にはならないわ。

元々花粉症の鼻水はかめないけれど、最近は
ティッシュが触るだけでもう痛くてたまらないので、
すするしかない。

「えっ!今の音は?」と周囲が仕事をしている頭を上げるほど
ブーブー言わせている。

自分の鼻ブーブーは声と一緒で周囲にはどの位の
鼻ブーブーで聞こえているのかわからない。

けれど「別な部屋にいてもブーブーが聞こえる」
と彼が言っていたので相当な鼻ブーブーであろう。
周囲の皆様、しばらく騒音失礼しますね。

来週からは学校も新学期。担当クラスも新しい初級の2クラス。
「あの先生名前なんだっけ?」
「あの鼻ブーブーだよ」
「あーあの人ね」
などと中国語で言われないようにしたい。
posted by スンプー at 17:16| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

卒業式のあと。

卒業式以来バタバタだったので久々だけど、卒業式のあとについて。

「先生今日あいてるって言ってましたよね?」
卒業式の後、クラス委員長が聞いてきた。
「18:00に駅前でしょう?」
「すみません。19:30になりました」

12:00に卒業式が終わって18:00開始でも遅いっ、
なんて思っていたのに19:30かぁ。
ま、仕方がない。トホホ。

夕方一眠りしたら寝過ごして5分遅刻した。
皆着替えてきたが、担任の先輩先生はスーツのまま。
「眠い。着替えたい」とつぶやいていた。

その後先輩先生の願い空しく、
皆は大いに酔っ払い、二次会はカラオケ。
そこでも大いに迷惑をかけ、時間は延長、
結局終了は2:30だった。

一次会の会場ではおそろしい目にあった。
左隣は私を一年間好きだと言い続けた学生。
右隣は元ヤンの学生。
特に今日はスーツを着ているので組員みたいになっている。
(注:でもとてもいい学生です!)

彼らに挟まれノメノメ攻撃に。
私はお酒に弱い。グラス1杯も飲んだらグラグラになってしまう。

しかし、左隣には「先生、今日は帰さないからね。飲んで!」
右隣には「先生、本当にありがとう。ってことでさぁ飲んで!」

向いの女子学生は口を挟んでくれたので助けてくれると思いきや、
「中国では乾杯は漢字そのまま、空けないといけないですよ」
余計なことをー。

「ちょちょちょっと、他の学生とも話したいからぁー」
席を立とうものなら「ダメェッ」固定されてしまう。
「お手洗い・・・」と席を立ち他の学生のところに行った。

女子学生二人とおとなしい男性一人のところに行ったので
助かるかと思いきや、
「せーんせーい。のぉーんでなぁーい。キャハハハハ」
女子学生の方は完全に出来上がっている。
「先生、のむべきですよ」
男子学生もおとなしいながらこわいことを言ってくる。
おとなしいところに行ったつもりが、ダークホースだった。

私を見つけた隣席学生は「いたっ!何やってんの先生!」
と有無を言わさず、私のクビに腕を回し肩をつかみ、
結局自分の席まで戻された。

先輩先生はその状況を見て「あーあぁ、かわいそうに」と苦笑い。

元ヤン君は先輩先生の左隣でもあるのだが、
先輩先生の右隣にはこのクラス一番の大人君が座っている。
彼が何かと助けている。

大人君はクラスパーティの際、私が恋人に選んだ男子学生だ。
うらやましいよ、先輩先生!

一次会では普通に「帰ります」と言う学生のほかに、
学生3人が飲みすぎて消えた(半強制)。
しかし二次会には一番帰ったほうがよさそうな私の両隣がいた。笑。

一人はカラオケ最中寝始めた。ふぅ。よかった。

もう一人は何やら受付けにつながる電話でずっと話している。
どうも電話に出たカラオケ注文受付嬢と話していたらしい。
男性スタッフが出てきて、委員長がお叱りを受けていた。
委員長、最後まで大変でごめんね。笑。

その後、部屋を間違えた女性とちょっと仲良くなったらしく、
部屋の外で座り込んで話をしていた。
何をそんなに話したかったんだい?笑。

大人君(私が恋人に選んだ学生)は母国で社会人してから
留学しているので、他の留学生よりも少し年上。

それもあってか、スーツも似合っているし、
足を組んでウィスキーグラスなんて持っているので、
「あそこだけ、カラオケ部屋でなくバーみたいになってますね」
「タバコ持った瞬間、思わず火つけそうになりますね」
などと先輩先生と話していた。

この大人君、私が帰宅した3:00頃電話をかけてきた。
「先生、家に帰りましたか?」
私が帰れたかどうか心配してくれたらしい。
先輩先生宅にも電話をしたらしい。
うーん、やっぱりあなたはかっこいいよ。

後日、好きだと言い続けた左隣君がメールをしてきた。
「先生、今何してる?僕は今東京に行くバスの中。」
東京に行っても頑張ってね、とメールを出すと
「僕、また先生に会いに来るからね。」
最後の方は寝てばっかりだったくせにかわいいじゃないか。

そんなこんなで翌日起床は夕方16:00。
すっごい疲れたけど、楽しかった。

2008年03月卒業生、皆がんばれ。おめでとう。
posted by スンプー at 17:56| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

3/19 卒業式1

今日はついにスピーチコンテスト、そして卒業式。

まずはスピーチコンテストが開催された。

初級・中級・上級で分かれて各優勝者を決めるのだが、
担当クラス以外のスピーチを聞くのははじめてなので楽しみしていた。

初級からビックリ。皆こんなに上手なんて。
中級は身振り手振りも加えてスピーチ技術もついている。
上級は文法的にも高度なものをつかっていて、
量も内容もしっかりしている。

我がクラスは残念ながら優勝できなかったが、
ガチガチあがっていたのによく頑張った!
後で褒めてあげよう。

卒業式は不覚にも2・3度うるっときてしまった。
先輩担任先生が学生の名前を読むとき、
我がクラスの学生が答辞を読むとき、
クラス代表があいさつをするとき、
時々でぐっとこらえる瞬間があった。

ただ、今年は自分のカメラに
皆の写真をおさめることができなかった。
すごく悔やまれるー。

これから一眠りしたら夜は打上げです。
昨日クラス委員長が18:00と言っていましたが、
今日変更だと聞いた。19:30集合。

集合ってことは20:00開始なんだろう。
でカラオケ行ったら何時になるんだ?

うーん、皆と一緒にいたいのだけれど、
日付が変わる頃には帰りたい。笑。
posted by スンプー at 16:05| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

3/18最後のクラス

今日は会社に半休をいただきクラスのお別れパーティへ。

授業は先週の金曜で終わっている。

昨日、皆は遊園地に行った。
今日はお別れパーティ。
明日は卒業式。

遊園地は一日になるので行けなかったが、
一年見続けたこのクラス、パーティだけは行きたかった。

私は途中参加で、学校クイズから参加。
第いちもーん。校長先生の名前は?
これは担任先輩先生の大サービス問題だ。

がっ!
4つに分かれたグループで正解はなかった・・・。
おいおい校長だよ。

学校関連クイズはなかなか正解が出ず、
後半は「つまんなーい」との声が。シュン。

今度はクラスクイズ。
グループの一人が外に出て、中と外に同じクイズを出す。
中の人々は外に出た人の答えを予想して回答するというもの。

これは盛り上がった。
彼女にするなら?もらって嬉しいのは?今一番ほしいのは?
などの質問に、
「私の答えはAだけど、グループの皆はきっとBを選ぶわ」
などと予想をしながら答えを出していた。

最後のボーナスクイズはなんと私。
クラスの男子学生で
恋人、夫、兄弟、親戚、友達を選ぶと言うものだった。

先輩先生、なんて問題だしてくれたの!笑。

選ばれなかった学生、ごめんね。

恋人に選ばれた男子学生は春、
体育館で汗を流したことがあったのだけれど、
軽々バスケをしている姿に一度キュンとしたことがある。
基本的に筋肉に弱いんです。笑。

その後学生はずっとヒューヒュー言われていた。
かわいそうに。
一年私を好きだといい続けていた男子学生は
友達に選ばれてがっかりしていた。
かわいそうに。

明日はスピーチコンテスト、そして卒業式。
そしてクラスの皆でう・ち・あ・げ・じゃ〜〜〜!!
遊ぶぞー!ウォーガー。









posted by スンプー at 21:21| 宮城 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

3/14の授業。HBD!!

3/14は小生の誕生日です。

新たな歳最初の授業、そしてこのクラスにとって最後の授業、
どうなることかと思ったら、まー来ないこと。
1コマ目11人。ここは18人のクラスですよ。

ゾロリ、ゾロリ、遅刻組が2コマ目以降きだして
4コマ目にやっと16人にまでなった。

出席者も、最後の授業なのでやっぱりタリラン雰囲気のまま。
2コマ目はあまりにうるさくなって読解を読もうともしないので、
「私の誕生日にがっかりさせないでちょうだい!」
と叱ったら、
「えー誕生日なのぉー」と盛り上がってしまった。
「えー誕生日なのぉー」の後からやってほしかったんですが。

3コマ目は入るなり拍手で迎えられるので何かと思ったら
ボードには「メイシー先生歌の会」と書いてある。
こんなことかいても歌わないってば。

先週水曜から来なくて、翌週水曜日の4コマ
ラスト15分でやってきたモンゴルの学生は
お説教むなしく木曜日も今日も4コマ目にだけ来た。

頭の回転はとても早くて勘もきく子なので
やらないのは本当にもったいないんだけど、
もう気力がないならどうにもならない。

3/12の説教の時は
「東京の仲間は勉強する場所と遊ぶ場所が同じだけど、
私は場所が違うから疲れて学校に来られない」とのたまった彼女。
国に帰るつもりはなさそうだから、東京で頑張っておくれよ。

勉強する場所も遊ぶ場所も同じなら、今度の学校では皆勤賞だ。
私は絶対そうすると思わないけど。

来週月曜日の遊園地も火曜日のクラス内パーティも
4コマ目においでよ。

そこまで言ってもダメで、
楽しいことだけ朝からいたらまた叱り飛ばすぞ。

「授業終了、帰っていいよー」と声をかけると、
一番最後に学生全員から
「(せーの)誕生日おめでとう〜」と声がけプレゼントをもらった。

冗談でも「先生は学生の気持ちがわからない」なんて言われれば
夜になってもウダウダ悩むし、
小さいことでも授業中「わかったぞ」って顔をされれば
夜になっても何度も思い出して嬉しくなるんだよ。

授業聞いてちゃんと問題をやってくれるのが一番だと思いつつ、
やっぱりそんなこといわれるとすごく嬉しくなるんだよ。
ありがとう。

ハッピーバースデイ、トゥーミー。
この歳になったメイシーは今年も頑張りますよ。
posted by スンプー at 11:32| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

疲れた・・・。

いやー疲れた。今日はー疲れた!

朝から聴解嫌いの女の子は、一度テープを流した後
「もう聞いた。わかんない!」と、
次の進学先に提出する書類を書き始める。
(私が目の前で覗き込んでも!)

普段から遅刻してくる男の子は朝からいたなーと思ったら、
2・3・4時限寝る。
(もちろんその都度起こされるので熟睡なんか不可)

あまりに(遊びすぎて)学校を休みすぎて
卒業証書・修了証書が出ない女の子は、
先週水曜寝坊した後東京へ行ってしまった。

電話で私に「月曜には行きます」と行っていたのに、
月・火休んで今日、4時間目ラスト15分だけ来た。

他の方々も「来週卒業なのにテキスト・プリントやりたくなーい」
とのたまい始め、「先生歌って〜」と拍手される始末。

「だめ」と言ったら
「先生約束したのに、ひどい!」と始まった。
「テスト全部終わったら歌ってくれるって言ったのに」
それは、卒業式の日の打上げで歌うって意味だってば。

知らん顔して授業を進めていたら
いやー集中しないわしないわ。
最後だから叱りたくないけど大きな声になるし疲れたわー。

「このまま授業遅れるだけよ。何時になってもやるよ!」
のキメ台詞も「オッケー!」と返された。
そっか、皆もうバイトもないからずれこんでもいいんだ・・・。
私は嫌だよ・・・。本当に10分ずれこんだけど。

文法の時間で「たる」を教えた時、
「先生たる者、どんな人でないといけない?」と聞いた。
出るわ出るわ。

A「学生に優しい!」
B「怒らない!」
C「起こさない!」

「ほぉー」と私が指を鳴らし始めたら、
D「暴力をふるわない!」

E「うそをつかない!」
F「拍手されたら歌う!」

あげく
G「学生の気持ちがわかる」
私「あ、そうだねー。先生はそれが大事だよね」
G「先生は学生の気持ちがわからないでしょ」

あぁん?こんにゃろー。
そりゃー学生の本分を果たしてから言え!

同じ学生に「学生たる者はどうでなければいけない?」
と聞いたら「好きなことを好きなときにやる」
と言ったきり、本日全くやっていない漢字の自習に入った。

学生の本分を果たしてから言え!笑。

ラスト15分の学生はもちろん残してお説教。
「自分が悪いことはわかっています。
 でも来週卒業しますからもう遅いですね」
と面倒くさそうに聞いている。

この学生は証書が自分だけ出ないことを少し気にしているらしく、
「卒業式も出ないかも」と言っていた。

私「残り5日間、朝から学校来ると約束してください」
A「結果できないと困るので約束できません」
私「じゃ、約束ではなく命令にします。最後くらいしっかりしなさい」

「東京の友達は勉強する場所も遊ぶ場所も東京です。
 でも私は場所が違います。お金も体力も使います」
ほーだからどうした?

証書をもらえないのも自分の責任でしょ。
それにそれ位で皆と会える最後のチャンスをつぶすなんて、
将来きっと彼女は後悔する。もったいない。
卒業式に来なかったら迎えに行くからね。

「来週水曜が卒業式なので、
 月・火は授業しないで楽しいことしましょう。
 金曜までは頑張って授業しましょう。」

とは言ったものの、我がクラスの誇る優等生までもが
タリラン雰囲気なので明後日もどうなることやら不安がいっぱい。
やれやれ。
posted by スンプー at 20:07| 宮城 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

一音違いは大違い

私は学生の言っていることを理解するのが下手なほうだと思う。

去年よりは慣れたけど、それでもまだお国訛りの強い
学生の話がわからず何度も聞き返してしまったりする。
このせいで学生が「うーん、何でもない」と言ってしまうこともある。
わかりたい気持ちはあるんだけど、ごめんね。

でも今日は特に学生の話しに「?」が多かった。

1.漢字の時間にて。
私「軽率、意味はなんですか?」
A「勇断!」
私「は?」
B「勇断です」C「そう、ゆうだん」D「ゆう、だん」
私「あ、油断ね」

軽率=油断ではないのだが、油断した行動、と言いたかったらしい。
しかし、「ゆうだん」と明らかに伸びているために、
軽率のどこが勇断なのかと考えてしまった。



2.読解の時間にて
結構むずかしい読解テキストを使っているのだが、
私「はい、文章を読んで問題を解いてください。15分」
と5分くらい放っておいた。

そしたら、何人かの学生がワイっと中国語で話しだした。
その後女子学生が私に聞いてきた。
A「いくいく、わかりません。なんですか?」
私「は?」

私の汚い頭の中は、皆さんの汚い頭の中同様
「イクイクわかりません。なんですか?」
と変換されている。

そんなこと言っていいのかしらと思っていると、
いくいくの使い方をもう一つ思い出した。

自分が積極的にそれに参加したいときにも動詞を二回使う。
例「カラオケ行く?」「あ、いくいくー」

それかと思って、上記のように説明した。

そしたら学生たちがワハハと笑って「ちがーう」と言っている。
再度、女子学生が恥ずかしそうにモジモジしながら
「いくいくわからないんです」と聞いてくる。

やっぱりそっちの説明なのかい?と思って、
私が頬を赤らめて困っていると「先生これ」と電子辞書を見せてきた。

辞書に書かれていた言葉は「一句」。

ちょうど壁には先日学生たちが発表した短歌や俳句が並んでいたので
「なーんだ、これのことよ」
と壁を指したら「ちがーう」とまた笑っている。

「先生これっ」テキストを指差したところで私はやーっと理解した。

Aさんの言いたいこと。
「一句一句(テキストの語彙が)わかりません。
(この文章で書いてあることは)なんですか?」



3.スピコン予選にて
先日のスピコン予選では、
命(=生きること)とは自分にとって何なのか、
と言う題材で話した男子学生が、一番肝心なところで一言。

○「私の命(=生きる)の意味は、知りたいことなのだ」
×「私の命(=生きる)の意味は、死にたいことなのだ」

と言い切ってしまった。
キメセリフだけど生きたいのか死にたいのかわからないよ。


長音、促音がひとつないだけで、大違い。
彼らの日本語を理解するまでには、まだ経験が必要なようだ。
posted by スンプー at 23:18| 宮城 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

スピコンの結果

3/3はスピーチコンテストクラス内予選だった。

派遣の日だったが午前少し会社を抜けさせてもらって学校へ行った。
この日見ていただく先生は4人。

私のようにクラスを見ていると情が移ってしまって、
冷静にスピーチだけで判断するのは難しかった。
だって同じ最高点が5人・・・。

結局審査員である先生達の意見も、
学生たちの意見も「この人だね」と言う結果にはならず、
担任である先輩先生が最終判断を下し、ある女学生が代表となった。

環境問題や命の問題をあげる中、
(もちろんこれらを書いた皆もいい作文を書いたけれども)
彼女の題材は確かによかった。

ただ、彼女の場合声が小さい。
もともとの声が小さいので代表にしたら大変じゃないかと思った。
そして元々が淡々と話す口調なので、
情に訴えるような「スピーチ」コンテストに向くかなぁ、とも思った。

そんなわけで私は代表に推さなかったのだが、
題材自体はオリジナリティのあったものだし好きだった。
彼女の発音自体もあまりチャイナクセのないきれいなものだ。

せっかく選ばれたのならば、最後卒業式も兼ねるスピコン、
頑張ってクラスに優勝をもたらしてほしい。
posted by スンプー at 20:07| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

2/27、2/29の授業

スピーチコンテストに向け、ただいま作文真っ最中。

よって今週水曜日は文法の進捗がずれた。
聴解や漢字はずれてもすぐに教案が作れるけど、
文法がずれると、私のような新米さんには一大事。

先輩先生も「緊急事態!」とメールをくれた。
幸い、今やっている文法事項は既習項目が多くて
基本的に復習なので比較的すぐ教案が作れた。
全部新規項目だったらきつかったわー。

翌日水曜日。
実際大変だったのは文法よりもやはりスピコン。
原稿作りが何グループかに分かれてしまっていててんやわんやだった。

@清書が終わって読みチェックが必要な学生
A清書中の学生
B添削はされたが修正箇所の原稿を考えている学生
C添削もされず未だ作成中の学生

読みチェックは基本1:1なので@を優先。
しかしその間にABCからどんどん要望や質問が来る。

原稿作成中の学生からは「日本語でなんていえばいいの?」
清書が終わった学生は「先生、読みチェックー」
原稿が終わった学生は「先生、作文みてー」

私の体は一つしかないんだってば・・・。

金曜日はさすがに清書組しかいなかったので楽かと思いきや、
全員前に出て読むという度胸をつけさせていたら時間切れ。
読めなかった人々を残したら1.5時間ぐらい過ぎてしまった。

月曜日は会社を抜けてスピコンクラス内予選を見に行く。
皆がんばれ。
posted by スンプー at 20:29| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

2/20、22の授業

メインテキストが終わってしまったので、
今週から中上級の読解テキストをメインテキストにすることに。

初めて使う教科書なのだけど、ボリュームあるわあるわ。
担任の先輩先生は2コマ割いてくれたけど、それでも終わるかと言う量。

水曜日からはじめたけど、案の定パンパンだった。
時間がかかることがわかったので、金曜日は配分したつもりだった。
それでも漢字の授業はいつもの半分の量に削って何とか終了。

3コマ使っていたら飽きそうなんだけど、
2.5コマ位のものってどこを詰めればいいのか難しいわぁ。



地元の大学受験組はことごとく落ちた。
他の大学を受験して合格した子もいるけど、
これから専門学校に進路変更する子も多い。
進路決まるといいけどな。

ある学生から「どっちのにしようか迷ってる」と相談を受けた。
彼女は保育士さんになりたくて大学を受験していたが、
不合格だったため、進路変更。

A専門学校は日本語通訳科
B専門学校は国際ビジネス科

保育士さんの夢はもうあきらめよう、と気持ちを切り替えられるなら
就職を視野に入れ国際ビジネス科もいいと思うけど、
いずれは大学再チャレンジ、と可能性を残しておくならば、
通訳科に行って日本語を上達させておいた方がいい気もする。

彼女には「家族が何歳まで学費を出してくれるか」と、
「専門学校の後、就職することをどの位視野に入れるのか」で
考えたほうがいいと伝えた。

だって大学とか保育士を考えながら業種違いの勉強2年間するって、
あったやる気もなくなりそうだよねぇ。
週明け彼女はどんな決断をするんだろう。

大学に十分いける学力のある学生だから、
個人的にはいつか大学進学してほしいけど。

来週はスピーチコンテストの準備一色の週になる。
先輩先生の授業で頑張って作文しておくれよー。
posted by スンプー at 17:53| 宮城 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

2/15の授業

試験対策などで途切れていたメインテキストも、
この日でついに完結!

締めくくりは村おこしのためのディスカッション。

村おこしのために色々町を変えていく村長の計画に
賛成か、反対かを話し合うと言うもの。

水曜はグループを決めて賛成派、反対派に分かれさせ、
架空の人物を設定させた。

木曜日はそのグループ内で意見や相手の予想意見の準備。

そして今日。
最初の時間は最終確認と言うことで、
設定があやふやになっている学生には再設定を、
グループ全体の意見が弱いところはその再確認を、
休んでいた子もいるので彼らには一から説明をした。

2時間目はついにディスカッション。
最初はおどおどしながらだった皆だけど、
だんだんヒートアップ。
「発言はお一人づつお願いします〜」と言うほどになった。
ちゃんと自分達が設定した人物になりきって
それなりに意見を出していた。

去年の学生は「賛成だから賛成だ」「反対といったら反対だ」
になって「村を分割」と言うむちゃな結果に終わったが、
今年の学生は一部合意に至ったので、まぁよしとしよう。

活動授業は・・・疲れる・・・。
そこそこ楽しいんだけどさ。

3時間目にはグループで意見を統一したが、
本当は個人的には賛成だったか反対だったかで話しあいをした。

やはり皆国の地元を思い出し、色々考えはあったようで、
グループディスカッションよりおもしろい意見が出た。



来週からはついにスピーチコンテストのための作文作り。

メインは先輩先生が持ってくれるものの、相手は生もの。
教案計画通りにいかなければ当然計画変更になって
私の日にも作文作りをすることになる。

正直スピコンのための作文作りも何からとっかかって
作文をかかせればいいのかわからない。

今年は先輩先生がやってくれるけど、
来期困るので質問しておこう。

変更になると準備していた教案はパァになり、
新たに前日やりなおしになるので、
何卒、教案計画通りに進みますように。
posted by スンプー at 20:06| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

バングラパーティ

金曜日、バングラの学生2人に食事会に呼ばれた。
以前も2回誘われたが行けなかった。

今回も金曜日に「明日の夜」と誘われたのだが、
夕方何時に終わるかわからない用事があったので
ちゃんと返事ができなかった。

ギリギリで行けることになったので
初めて学生宅へ訪問することになった。

先輩先生も誘われていて、
学生2人、先生2人の4人のパーティとなった。

まぁ、ホームパーティでゲストは2人しかいないのに、
作ってくれるわくれるわ。

鳥(1羽)、鳥(骨付きもも)、羊、牛、
サラダ、温野菜、煮魚バングラ風、
ナスとエビのてんぷら、バングラピラフ2種類。
豚と酒以外は全部出た位の勢いだ。

私は手作りおからクッキーを持参したのだが、
食べ物を土産にした自分に後悔した。

バングラではサーブは2回なんだそうな。
1回だけでよそりおわると縁起が悪いんだって。
結果「先生、もっと食べてね」になる。

学校では話せない話やバングラでの結婚式ビデオを見て大盛上がり。
18:30頃行ったのだが、20:00に帰してくれず、
下手すると今日は泊まって行ってください位の勢いだった。

120%MAXな胃に
「先生ジュース飲んでね」「お茶入れるからね」「みかんあるよ」
全て言葉と気持ちだけしっかりいただき、
結局私も先輩先生も21:00に帰った。

いやーおいしかったー。
このバングラ二人はカップルなのだが、結婚も決まったそうで、
めでたい食事会となった。お幸せにね。
posted by スンプー at 01:00| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

2/8の授業

新聞やニュースなどの記事を読んで、
日本で起こっていることを考えよう、と言う授業を行っている。

来週はテキストでディスカッションの授業があるので、
今日は記事+ディスカッションをさせてみた。

今日のお題は裁判員制度。
難しいかな、重いかなと思ったものの、
有罪・無罪、賛成・反対と分かれやすいし、
日本にとって大きな変化でもあるので取り上げた。

まず私の作った架空の事件を読ませる。


概要。(*学生に渡したプリント)
「仙台母子殺人事件」
ある日仙台市内で殺人事件が起きた。

被害者は宮城杜子さん(35)その子正宗くん(1)、
近所に住む仙台士郎さん(60)

犯人はまず杜子さんを殴って柱に縛りつけ、
その後正宗君を殺したと思われる。

正宗君の死因は壁に叩きつけられたことによるショック死で、
遺体の様子から何度も壁に叩きつけて殺したらしい。

その後杜子さんの胸を刺し殺害。
その後士郎さんのことも玄関先で殺害。
士郎さんは杜子さん宅を訪れたところすぐ殺害されたらしい。

犯人はその後6.5万円を奪って逃げた。
凶器は杜子さん宅の包丁と見られ、玄関で発見された。


「犯人」
事件から1週間後、福島桃太郎さん(40)が逮捕された。
最初桃太郎さんは「私じゃない」と否定していたが、
3日後自供した。


「背景」
桃太郎さんは杜子さんの元夫で3年前に離婚。
離婚の原因は桃太郎さんの暴力にあり、
定職にもつかないことから杜子さんから離婚を申し出た。
その後、杜子さんが再婚。正宗くんは現在の夫との子。

離婚以来、杜子さんと桃太郎さんはほとんど会うことはなかったが、
事件当日、杜子さんの家に入っていくところを
近所に住む仙台士郎さんと妻けやきさんが目撃している。

桃太郎さんは離婚後も定職につかずぶらぶらしており、
最近は慰謝料のことで杜子さんとトラブルになっていた。
慰謝料額は500万円で、毎月10万円支払われる予定だったが、
実際は1ヶ月3万円程度だったと言う。


ここまで読ませて、有罪か無罪か、有罪であれば死刑?
無期懲役?懲役●年? 書かせたら以下の通りになった。

理由は以下の通り

死刑(4人)=人の命を奪ったものは自分の命で返すもの

懲役30年(3人)=1人10年で3人だから30年(2人)

        現在桃太郎さんは40歳。懲役30年くらいなら、
        会に出てきた頃にはもう働けないし、社会に
       出た方が孤独を感じながら死ぬのではないか。
        だから30年(1人)

無期懲役(4人)=本当は死刑にしたいが、死刑を宣告されても実際
        執行されることはあまりない。だったら刑務所で
        国の経済のために働け(1人)

        3人の殺害、特に小さい子供を殺したのは許せな
        いが、本人がお金に困っていた、悩んでいたの
        も事実なので死刑にするにはちょっとかわいそう
        (2人)

        仕事につけず、お金に困っていたのだから、社会
        に出ても生活できない。だから刑務所に入れて
        おいてあげたほうがいいのではないか(1人)

無罪(3人)=なんとなく(1人)

      杜子さんは桃太郎さんが仕事をしていないとわかって
      いるのに、謝料慰謝料と騒ぎすぎたのではないか。
      あまりにストレスがたまって精神的に病気になっていた
      可能性もある(1人)

      この文章を読むと証拠は自供だけ。それも3日後で最初
      は「やってない」と言っている(1人)

その後検察側の主張(死刑求刑)、弁護側の主張(無罪主張)
を見てもらったが、意見を変えた学生はいなかった。

そして!本番。
「皆さんが今決めた判決が、本当に桃太郎さんの人生を
 決めることになります。日本で来年には裁判員制度が始まります」

「あ?」って顔をしているので、
何でこんな事件の判決をみんなにしてもらったのか話した。

一般人がくじで選ばれて面接でOKとなれば
裁判官とともに裁判に参加し、条件はあるが、
裁判官と同じ重みを持つ判決権が与えられる。

これを話した瞬間「えーっ」「裁判官はいなくなるの?」
「参加するだけじゃないの?」「結果をきめるの?」質問の嵐。

本当はここで裁判員制度に賛成か、反対か聞きたかったのだけど、
質問が多いので質問に答えた。

その後賛成、反対を聞いたら賛成(4人)、反対(10人)に分かれた。

反対派:一般人が裁判員になって判決を下せるのなら裁判官は不要。
    裁判官が不要になるなら、昔みたいに、容疑者の家族や
    近隣住民で殺すか出て行ってもらうか決めてしまえばいい。

    裁判の審理の際、情に訴えられるようなことがあれば、
    一般人は客観的な判断ができないのではないか。

    裁判に適当な人を裁判所に呼んだり、面接をしたり、
    このシステムが一般人にとっては面倒。

    裁判は難しい状況があるから専門家が必要とされるのに、
    一般人に同じ重みがあるのはこわい。

などなど。

賛成派:専門家だけでなく、一般人が何人か入った方が色々な
    意見が出る。議論された結果一つの判決にまとまった
    方が有益。

    私達が裁判に参加することになれば、裁判が身近なもの
    になり、色々な事件をワイドショーなどでおもしろおか
    しく見るのではなく、真実は何かをちゃんと考えるよう
    になる。

    専門家も人間なのだから100%客観的に見ているとは限ら
    ない。ならば、一般人も入って意見を言うべきだ。


などなど、白熱とまでは言わないが、
普段あまり発言しない学生も意見を伝えていて、
プレディスカッションへとしてはよかったのではないか。

ちなみに反対派冒頭の意見を出したA君は、
裁判員制度が始まりますと言った瞬間、

「日本はバカかぁー」と一気にヒットアップ、
「福田総理は何をするんだ」
「米への給油法案を通す前に、自分の国の裁判のあり方を考えろ」
とちょっと口は悪いながらも結構鋭い意見をバンバン出していた。

テーマはちょっと重かったけど、
私が予想していなかった意外な視点や意見が出るので、
とてもおもしろかった。

皆も皆の意見に時々「うんうん」とか「は?」「えーっ」
と反応していたし、時々やりたいな。
posted by スンプー at 18:39| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

2/6の授業

今日は完全に旅立つ学生はおらず、比較的元気だった。

1コマ目は聴解。
普段「聴解きらい〜」とゲンナリする女の子が
今日の正解率が高かった。

できる子ができるのも嬉しいけど、
嫌い、と言っている子ができるとうれしさ倍増。

この子はゲンナリしながらも必ず1回はしっかり聞く。
で、「だめだ」と思うとあきらめる。
でも今日はあきらめないで聞き続けた。

普通の学生のスピードよりはもちろん遅いが、
1回目で何か手ごたえを感じたのだろう。

2・3コマはテキストの本文読解を行った。
これもシーンとせず、テキストに関係していることで
おしゃべりに花が開いたので大目に見た。

4コマ目は文法。ちょっと時間がおしていて最後の授業に文法だから
ヒヤリとしていたのだが、幸い新しい文型はなく、
全部復習項目。しかも最近やったものばかり。ラッキー。

最後は金曜日に迫ったテストについてのヒント。
でるところは当然教えられないが「絶対でない」ところだけ伝授。

授業をちゃんと聞いていれば60点は取れる。
ちょっと復習の勉強をすれば80点は取れる。

でも知ってるわよ。ちゃんと授業を聞いていないことを。
それでも50点は取れるように作ったぞ。
皆頼むよ、がんばってくれー。

とは言え、明日は旧正月の元日にあたる日。
勉強ウンヌンの前に「今日はお祝いしますー」って
ニコニコ帰っていったけど、明日ちゃんと学校来いよー。
posted by スンプー at 17:31| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

1/30の授業

今日の仙台、朝から寒くない!
とは言っても先週が寒すぎたので4℃や5℃で暖かいと思ってしまう。

朝、時間通りに来ていたのは6人。
あのー18人のクラスなんですよね、ここ。

明日受験組の2人を除いて2時間目には全員揃ったのだが、
プチ遅刻が多いのよね、このクラス。

今日は文法漬け。
1時間目だけ聴解。後は全部文法。

2・3時間目で「ばかり」を使った表現。
「ばかりに」「ばかりだ」「んばかり」など各項目では
文法授業などでやったものばかり。
総復習と言う意味で2時間使った。

4時間目「文法でーす」と言ったら
「もう『ばかり』ばっかり嫌だー」
「ばかりはやったばかりですー」などとブーイングを受けた。
使えるようにもなったわね。ニヤリ。

おしゃべりが盛り上がって文法の例文にいけない場面もあったが、
話せる力がなくなってきているので、大目に見た。
シーンとしているよりも笑っている方がいいもんね。
posted by スンプー at 17:58| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

1/25の授業

今日は調理実習〜!

先週「来週は皆で調理実習しましょう」と言った瞬間は
「エーッ」「嫌だー」「面倒ーだー」
と大ブーイングだった。

1/23の水曜日は班決めやメニュー、担当などを決めさせた。
メンバーは違う省や仲の良し悪しもあるのでこっちで勝手に決めた。

福建2グループ、違う省の女性1グループ、違う省の男性1グループ、
バングラ・モンゴルで1グループ。

最初は「へーへー」的に移動していたが、
始まったらいやぁ盛り上がること盛り上がること。
結果1グループ3品作ると意気込んでいる。

私「あまり作ると余りますよー」
皆「若いから食べますー」
私「あまり作ると時間なくなりますよー」
皆「時間はかからないから大丈夫ですー」

後は野となれ山となれ。
買い物係は前日までに買っておくようにして金曜日を迎えた。

金曜日。仙台は木曜日大吹雪だった。
皆来る気はあるのか、来ることができるのか、
心配したが、遅刻組を多めに見れば全員来た!

昨日吹雪で買えなかったと、
朝材料を買ってきて遅刻した子もいたので多めに見た。

あるグループは牛乳寒天と餃子を作ると言って、
牛乳と肉を忘れてきた。計画性ゼロですなぁ・・・。
いそいそ近所に買いに出ていた。

あるグループは材料を入れてしまえば
後は煮込むだけなので、他のグループでちょこちょこつまみ食い。

なんとかかんとか11:15には全グループ完成。
昼食会となった。


バングラ・モンゴルグループ。
バングラはバングラらしく、羊のカレー煮と鳥のカレー煮。
骨がバンバン残るワイルドな味わい。

モンゴルはフーシューと言うピロシキのようなパン。
生地もふんわりで中はジューシー。

チンジャオロースーを作ったグループは
学生が一人黙々と肉を切っていた。

このグループ、共通点が全員飲食店バイト経験者なので、
他にピザと豚汁も作っていた。

女性だけのグループは煮魚と固焼きそばとサラダ。
肉と魚と野菜で、ここだけでバランスの取れたお食事。

メインを忘れた牛乳寒天、餃子グループも
最後は何とか出来上がった。
ノリが入るのがチャイナ風なのか。

そして最後の福建グループ。
水曜日のメニューで見たのは
「もつ煮たまご」と「とりあし」

もつ煮卵はそのままだった。
塩スープにもつ煮を入れ、卵をパカッ。
産後のお母さんなどが飲むんだとか。

そして極めつけは「とりあし」
これもそのままだった。
何匹分と言う鳥の足が皿に並んだ。

「先生、おいしーよー」と足が運ばれてきた。
「ありがとー」と食べてみると、
コラーゲンたっぷりそうなプルプル。

見ている間の3口は頑張ったが、そっと捨てた。
(ごめん!)
だって、爪もあって裏を見ると指の膨らみ具合や
関節の曲がり具合があまりにも生々しかったんだもの・・・。

後から聞いたら、実は食べられない先生が多いんだとか。

とりあし以外はどれも本当においしくて、
食べられないくらい食べて楽しんだ。

来週テストだよって言えなかったけど、
今日はま、いっか。
posted by スンプー at 20:02| 宮城 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

1/18の授業

金曜の授業は、また反省材料が。

学生の一人が「なぜ私だけ指さないんですか?」と聞いてきた。
そんなつもりはないので「え?どういうこと?」と聞いたら
全員指していく際に何度かその子をすっ飛ばしていたらしい。

その子は目立つし発言も多いのできっと指したつもりになって
飛ばしてしまっていたのだと思うけど、
学生側にしてみたら、確かに「なぜ私だけ飛ばされる?」
と思うだろう。

「ごめんね、そんなつもりなかったの。
 気がつかなかった、ごめんね」
と素直に謝ったけど、そういう小さいことから
信頼関係って築けたり、壊れたりするのよね。

来週からは気をつけよう。

今日の新年会はやはり欠席となった。
「実は風邪じゃなくてノロだったので、新年会迷ってるんですが」
と先輩先生に相談したところ、
「迷わないでください。無理だから」と苦笑された。

学生にも「先生来るんですか?」と聞かれたので半分正直に告白。
ノロと言うとびびられそうなので胃腸炎とだけ。
行かないと言った瞬間は「エーッ」と言われたが、
風邪ではなくて胃腸炎だったと言ったら納得してくれた。
皆は楽しんでおくれ。

今日もそうめんを1時間かけて食べ、のたまわるのも1時間。
おなかは空くんだからたちが悪い。

あー早く胃スッキリしないかなぁ。

どうせ家にしかいられないと思って
はりきって教案作ろうと思ったけれど、
結局気分が悪くて何もできていない。くうぅ。

原因もはっきりしてきた。

先週末胃痛の友人を看病したのだが、
この友人が胃痛で思い当たる節は
胃痛になる4・5日前に宴会で生牡蠣を2つ食べたそうな。

生ものはそれしか食べてないとのことだったので、
やっぱりそこからもらったようです。
確かに看病した日も吐いてたし、確実・・・。

あぁでも治ったら牡蠣たべたい〜。
だって私が食べてノロったわけじゃない〜。
posted by スンプー at 15:48| 宮城 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

1/16の授業

今朝も解熱はしたものの、治らないまま学校へ。

朝、学校へ着く途中一緒になる。
学「先生、クラスの新年会来ますか?」
私「うん、行きますよ!」

気持ち悪さが残ったままの朝なので、
新年会と聞いただけで朝からオエェイ。
心で唸る。

職員室に入り、先輩先生に聞かれる。
先輩「新年会のことなんですけど」
私 「あぁ、今S1さんから聞きました」
先輩「食べ放題のお店らしいんですけど」
私 「へーそうなんですか!」

食べ放題、と聞いて本日二度目のオエェイ。
心で唸る。

クラスに入って出席確認をするも、
話しているだけで「ハァ、ハァ」とため息をついてしまう。
名前を呼ぶだけでハァハァしている教師など
怪しいことこの上ないので、具合が悪いと正直に告白。

「先生、無理しないで」

あぁやっぱり素敵よこのクラス、
と思ったらニコニコしている。
早く帰れると踏んでるわね。チキショー。

早速聴解、と思ってテープを再生するや全く違う。
このテープはこのクラスでしか使っていないはずなので、
一気にパニック。
(*先週から別クラスも同じテープを使い始めたことが判明)

ちょっと慌てて早送りしてみたが
私がやりたい場所へは辿り着かないので
めったに1コマ目からなどしない文法から始めた。

1級受験した学生達が
「試験対策でやった1級は早足で終わったので、
 じっくりもう一度1級文法をやりたいです」
と言うので1級文法が始まった。

確かに1級は駆け足だった。
でもそれを試験対策でなくやりたいだなんて。
何て素敵な人たちなんでしょう。

さらにこのクラスの素敵な特徴は、
2級受験者も「私は2級だから」とならずちゃんとやるところ。
えらい!あなた達はえらいよ!

「なくして」の項目を教えた後、口頭作文させた。

私「S1さんないと困るもの何ですか?」
S「自転車なくして私の生活はありえない」

昨日自転車が壊れた彼。説得力あるぅ。

その後もハァハァ言いながら何とか本日の授業終了。
明後日は元気に教えたいなぁ。
posted by スンプー at 19:50| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

08/1/11の授業

08年の初授業。

やっぱり9:00にいたのは4人だけ。
9:10になったらドドッと来た。
この「ちょい遅刻ぐせ」は新年になっても治らないようだ。

バングラのふたりはお休み。
いつもどちらかが病気になってどちらかも一緒に休む。
日本に来たてじゃあるまいし、
病院への行き方も学校への来かたもわかるでしょう?

でも、授業に関しては反省するのは私のほうだった。
今日の私は話しすぎたと思う。
試験対策も終わったんだし、もっと皆から話を聞いたり
しゃべらせたりしたほうがいいのに、
説明・説明・説明で授業が終わってしまった。

旅立ってしまう(=寝てしまう)子が何人かいたけど、
多分今日は私のせいでもある。

来週の授業から気をつけよう。
posted by スンプー at 11:35| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

よいお年を

終業式。

皆に「よいお年を〜」と声をかけていた。

私が持っている学生たちは2年日本にいるので
皆「よいお年を」が年末の挨拶なのは知っている。

学生が一人「丁寧な言い方は何?忘れた」
と聞いてきたので
「よいお年をお迎えください、だよ」と教えたところ、
5分後、学生が帰るときに満面の笑顔で言われた。

先生、よいお年をおとり下さい

「・・・何か違うけど・・・?」
と思った時すでにドアは閉じ、呆然としている私だけが残った。
せっかくだからよい年を取ろうと思うたらーっ(汗)

皆様もよいお年を。
posted by スンプー at 20:59| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二度としないで

この日は先日皆が知った縁起物などをグループ分けして、
皆で調べて作文、発表する授業。

何度も活動授業はしているはずなのに、
やっぱり作文発表するまでの時間がかかることかかること。

グループはじゃんけんで3人1組、6組できた。

リーダー選出になったらまーやりたがらないこと。
「リーダーになると自分でやりたいネタを選べますよ。それだけ」
と何度も言ったが決まらない。

「この時間分、後にずれるんだからね。
 時間過ぎても発表まで全員やるんだからね」
と何度も念押し。

次にリーダーが独断でネタを選ぶはずだったのだが、
メンバー同士であれやこれや言っている。
それじゃリーダー選んだ意味ないの・・・。

「この時間分後にずれるんだからね」と再度念押し。

ついに作文!
調べるところからやると大変なので
資料も用意して渡したのに進まない進まない。

時間になってできたグループはゼロ。
5分おまけしてできたグループは1組。
残り3組はさらなるおまけ10分で完成。

「おまけした時間分後にずれるんだからね」再々度念押し。

2組はそれでも終わらず、他が発表している間も作文し続けた。

発表ではおおいに盛り上がっていたのだが、
案の定いつもの終了時間より20分もおした。

ある学生は、フラーっとしながら
「先生、こんな授業もう二度としないでください」
と言い残して帰っていった。
あーたのグループが一番作文最後までやったでしょーが。

ある学生は
「先生、僕は今日でバイトをきっとクビになります」
と言い残して帰っていった。
あーたがリーダー選出の時に最後までグータラしたでしょーが。

ランキングで最下位になったグループの学生が一言
「先生ちゃんとアンケート用紙の点数足したの?」
間違ってないわよ・・・。

「盛り上がってたし、まいっか」
と気を取り直し、教室を出ようとしたらある学生が一言。

「先生、今日の授業は皆の言ってることわかんないし、
 私の言っていることも自分でよくわかんないし、
 つまんなかったなぁ」
じゃ、なぜあんなに盛り上がれたんだい?

私の頭は「ま、いっかおもしろかったし」3割
「コメントした皆、そりゃぁないんじゃなーい」3割
「なんで盛り上がれたんだい?」の疑問と疲労が残4割。

試験対策じゃないから教師側からキチキチしたくなかったのだけど、
次回の活動はもっとビシバシやろう。
posted by スンプー at 20:53| 宮城 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紹介しよう

過去2回、更新しようとして書いたデータが消えてしまった。
2回も消えて、すっかり面倒になり更新してなかった。
年末なので、思い出す限りのネタを書こうと思う。

能力試験対策も終わり、封印していたメインテキストも復活。

能力試験対策時はとにかく文型をいかに入れるか、
つめこみつめこみだったけど、その必要はないので、
なるべく学生が話せる授業にしている。

この日は日本の縁起物などについて
「これはなんでしょう?」と聞いていく授業。

こいのぼりや招き猫、絵馬など知っている学生が何人かいたが、
さすがに熊手は知らなかった様子。

画像を出しながら各物の特徴や習慣などを
紹介していったのだが、招き猫でのこと。

T=私 S=学生

T「これ見たことある人いる?」
S「知ってるー」
T「どこで見る?」
S「店とか」
T「これの名前知ってる人?」

ある学生は言った。
S「ま、ま、」
T「そうそう、ま?」
S「まねねこ!」
T「うーん残念、真似はしません」

ある学生は言った。
S「まね、まね、」
T「そうそう、まね?」
S「まねこ!」
T「うーん残念、短くなりません」

ある学生は言った。
S「まね、まね、まねく!」
T「そうそう、まねく猫だから?」

そこまで出たら出るだろうと思った瞬間、
思い切った顔でこうのたまった。

S「まぬけねこぉ〜っ!」

T「うーん残念、まじめな猫です」

イメージでは「ま、だの、ね、だのそんな感じ」
とわかっていたらしいけど、
まぬけ猫は店にいても繁盛しなそうだなぁ。
posted by スンプー at 20:48| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

10/24、26の授業

完全に試験対策になっているこのクラス。
遊びも余裕も全くない。

読解も聴解も1級対策終わりかけだし、
文法も10月からは1級対策に入った。
唯一漢字が2級だが、下手に飛ばして1級をやっても意味がない。

特にぶっちぎりでブーイングを受けるのが文法。
2級のおさらいと1級の導入。
1コマでものすごい数の文型が通り過ぎる。

すごい数って言っても初級の初級でやっているもの。
2級でおさらい3回目のもの。
そして1級文型が3つ程度。

なので、実際はそんなに負荷の高いものではないはずなんだけど、
おさらいがボンボン過ぎていくのが彼らには
それだけでおなかいっぱいになってしまうらしい。

導入文型に工夫を入れて、恋愛ネタやケンカねた、
生活費や進学など、なるべく彼らの近い状況にしているつもり。

今週一番盛り上がったのはこの文型だった

〜んばかりに
例:犬はAさんを倒さんばかりに飛びかかってきた

「国で犬飼っている人?」と聞いたら、何人かチラホラ。
「S1(女性)さんが国に帰ると犬の様子はどうですか?」
と聞いたら男子学生が2人ほど
「やりたいやりたい(とサカリがつく)」とふざけてきた。

なので、ふざけた男子学生の名前に犬をつけて
(*太郎君ならば「たろうけん」)

「S2さん、S1さんが来ました。嬉しい!
 はいっ、どんな風にS1さんのところに行きますか〜?」

と質問し、学生にバウッっととびかかる様子をジェスチャーさせた。

「○○犬は、S1さんが来て喜びます!
 S1さん倒されるのではないかと思うほどです。
 そんな様子で飛びかかってきました」
→犬は倒さんばかりに飛びかかってきた。

ジェスチャーをする男子学生も熱演、
襲われる方の女子学生や周りの女子学生はもちろん
「キャー」「ギャー」
大笑いの例文になった。

「大笑いした」ということだけ覚えていませんように。

試験対策でギチギチしている日々なので、
1日1回くらいゲラゲラ笑う時間はあっていい。

それがなかったら、私が学生だったら窒息してしまいそうだもの。
年末までが勝負なのよ。
皆がんばれ。
posted by スンプー at 17:47| 宮城 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

10/10と10/12の授業

短いお休みが終わり、10日から学校が始まった。

こないだは、「まだ夏休みだと思ってました」
という学生がいたので、ヒヤリとしたが、
無事全員元気に登校してくれた。嬉。

これから12月までは完全に試験対策となる。
メインテキストもお休みして
聴解、読解、文法、漢字とどんどん進んでいく。

皆、本当に大事な時期だからね。と念を押しておいた。

聴解はすでに1級。
2回聞けば正解ってな感じなので正答率をアップさせたい。

漢字は2級の訓読みにやっと入ったところ。

読解は2級だけど長文をしばらくやっている。
1級にもうすぐ入るけど、長文の方が難しい気がする。

文法はついに1級対策に入った。
初級、2級の復習と1級の文法が入る形式で45分。
「どんだけ〜」的プレッシャーのもと、
様子を見ながらやってみたが、ちょいオーバー位でいける。

初級・2級入ると言えど、45分で20項目位進むのに、
教えておいてなんだけど、皆よくついてくるなぁ。
偉い偉い!

1級受けず、2級受験のみの学生もいるのだけれど、
「どうせ関係ない1級でしょ」てな顔一つせず
それなりに真剣にやっている。

この調子で今期も行ってくれますように。
posted by スンプー at 18:07| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

9/26のクラス

昨日2級の模擬試験をやったせいか、
今朝はダルーンとしていた感じ。
明後日から小休にも入るし。
でも、今日の4時間目は試験なんだ。頑張っておくれ。

まずは皆が嫌な文法過去問題から。
「昨日模擬試験終わったのにー」との声もきかれたが、
でも「練習になるから」となだめてプリント配布。
だって、実際2級文法まだまだ解答ばらけるじゃない。

メインテキストの聴解は簡単にできたようだった。
今やっている聴解のテキストはすでに1級だし、
きっとメインテキストの聴解は簡単に聞こえるだろう。

テストで1時間使いたかったので、漢字は半分しかできなかった。
明日の先生に引継ぎ。

そして、ついにテスト。
今回は模擬試験の翌日と言うこともあり、相当簡単にしたつもり。
作文少なめの選択肢多め。
「ここは絶対出ないから」と言うところは予告もした。

さすがに「ここはやっておいたほうがいいねー」
と言ったところは全員点数を取っていた。

「サービス問題だろーが」という箇所が
サービスにならないケースが多々あるので一安心。

最高点数は97点。最低点数は40点。
実力が出た試験だった。

でも、何名かは低迷していた点数が上がっていたので
ちょっとだけでも自信を取り戻してくれるといいな。

今回は再試験もないし、欠席者もいなかったし、
平穏に終わったテスト日でした。
posted by スンプー at 21:42| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

テストの確認

明日の4時間目はメインテキストのテストがある。

「修正もしたし、念のため最後に見ておくか」
と見てみたら、修正しきれていないことが判明。

明日はコピーだけして配るつもりだったから、
見ておいてよかったー!

今日は2級の模擬試験、明日はテスト、
というわけで、相当簡単にしたつもりのサービステスト。
皆、そこそこ取ってくれよー。
posted by スンプー at 18:27| 宮城 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

9/21のクラス

今日のクラスは問題プリントが多くてかわいそうだったかな。

でも、夏休み前は正解率がゼロに近かったものが、
今では70%位になっている。

文法も今は2級文法のテキストが終わり、
過去問題を解いているけれど、
最初の頃ははずれてばかりで調べ方もわからずに
「もーやだ」と言っていたものが、
全体的な正解率とスピードは確実にアップしている。

私しゃ嬉しいよ。

聴解は1級をやっているけれど、
絵のある問題には慣れたみたいだし
絵のない問題に慣れるのももうすぐね。

でも、メインテキストの練習問題を
プリントで配って回収したら、大変なことがわかった。

2名、「てまで」(例:毎食カップラにしてまで貯金したくない)
の使い方をまったく逆に覚えている。
たとえば、貯金してまでカップラを食べたくない。のように。

来週木曜が期末で、私の最終授業は水曜日。
水曜日にはメインテキストのテストもあるのに、
大丈夫だろうか・・・。

久々に教案準備のない週末を送れそうな予感。
のんびりするぞー。
みんなもよい週末を。
posted by スンプー at 19:14| 宮城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

7月6日の授業

ターム休みが明けて、これから秋終わりまでは試験対策中心。
というわけで聴解は過去問題を解き始めた。

問題自体は今までやらせていた問題よりも簡単なので
解けるはずなのだが、TOEICのようなものなので
長い時間聞いていられることに慣れなければならない。
それだけ最初に注意したらすんなり正解率も高かった。

読解授業。エッセイは苦手だと判明。
事実と筆者の言いたいことの抜き出しが難しいみたい。
時間があまるだろうと思っていたこの授業でしっかり1コマ。

文法
「ついで(に)」
例:銀行に行ったついでに本屋にも行った

ついで(に)は名詞にもつくのだが、
「〜する」動詞の名詞形にのみつくとのこと。
「銀行のついでに買い物お願いね。」なんて使っているので
何とも思っていなかったけど、まだ教えるほどの
認知度・正確度はないってことか。
私は違和感を感じないんだけど、
先輩先生は「えぇ?」って言ってたし。

「というと、といえば」
例:サッカーで一番有名な大会というと、ワールドカップです。
例:花火大会といえば、S1さんは浴衣を着ますか?
これは普段何気なく教師達が使っているはずなのでけっこうすんなり。

「といったら」
例:自然の雄大さといったら素晴らしいものです

感嘆の強調表現って結構あるので、わかったようでも
後でこれは覚えて理解しているかちょっと心配。
授業中はすんなりだったけど。

「というより」
例:にぎやかというよりうるさいです。
これもすんなり。

今日の文法時間は混乱もなくよくできたと思う。自画自賛だけど。

4時間目テスト。
前回ボロボロだったテスト。
今回は・・・と思っていたら、そこそこの点数を取ってくれた。ホッ。
特に大学進学希望者は、1課づつのテストを大事にしてもらわないと。

久々にみんなの顔を見てちょっと気を引き締めた一日でした。
posted by スンプー at 07:43| 宮城 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

外国人に注意

今、1.5ヶ月だけ日本語を勉強したいという欧米系の方々が来ている。
本来の目的は仕事で来ている方々なので、
週1度、彼ら専用のクラスが開かれている。

休み時間に主任の先生がおっしゃった。
「外国人で驚かないように学生たちに言って下さい」

え?ここは日本語学校。
外国人だらけのこの場所で、「外国人で驚かないように」???

主任に言われた次の休み時間は学生たちに伝える時間がなかった。
が、その休み時間を見ていて、主任の言っていることがわかった。

結局アジア系が圧倒的に多いので、欧米系の
いかにも「ガーイジーンでーす」はそばにいない。
結局田舎の中学生みたいに「おぉ」という顔でジロジロ見ている。
そーゆーことか。

授業に入るときに
「とても短期だけど、日本語を勉強したい人たちが来ています。
見た目がとても外国人だけど、日本語で挨拶してあげてくださいね。
ジロジロ見るのも挨拶しないのもダメよ」

一部の学生は「わかりきってること言わないでよ」風だったが、
学生の一人が途中お手洗いか何かで出て行く欧米系女性を見て
「あ、あれでしょ」とユビを指した。
「あれじゃない!」「ゆびささない!」あわてて注意。

外国人に向かって外国人を見たときの注意をするとは・・・。
posted by スンプー at 18:17| 宮城 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 2006.10-2010.03 日本語学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。